You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/23(土)森守ボランティア トゥエンティクロス イノシシの死骸処理

六甲山系には約3000頭のイノシシが生存しているといわれています。
昨年末、山の会の森守ボランティア活動中、トゥエンティクロス・河童橋の近くのハイキング道横にイノシシの死骸を発見、ハイカーの目につき、放置することができないことから神戸市に要請、20日間以上かかりましたが、無事処理していただけました。
 image001_20160128113607a1a.jpg image002_20160128113609ff3.jpg
トゥエンティクロス・河童橋近くにのイノシシの死骸トゥエンティクロス・河童橋近くにのイノシシの死骸
 image004_20160128113611875.jpg image003_20160128113610743.jpg
神戸市に依頼、委託業者の方でイノシシ遺体の運搬神戸市に依頼、委託業者の方でイノシシ遺体の運搬

第66回 平成28年1月14日 浅田次郎『鉄道員』(ぽっぽや)

浅田次郎『鉄道員』(ぽっぽや)を読んだ。同作者は2005年2月(第2回読書会)で、『メトロに乗って』を取り上げて以来11年ぶり。合評会ではほぼ全員の好評を博した。
■TVで観た高倉健一周忌番組でこの作品が紹介されていたので、課題図書に推薦した。収録された8作品とも、人間同士の触れ合いが巧みに描かれている。浅田次郎は、不器用にしか生きられぬ人間を描くのが巧みである。
■自分の読書パターンは、一度はまったらその作家を徹底的に読むタイプ。浅田作品はどれも奥深い内容のある作品で、読後感もよく、しばらくはこの作家にのめり込みそうだ。素晴らしい作品を推挙してくれた同人に感謝する。
■日本人的な、泣かせの名作短編集である。現実とあの世のはざまに、美しい情景描写と名ゼッリフをダブらせ、心を揺さぶる。表題作『鉄道員』(ぽっぽや)も良かったが、『ラブレター』、『盂蘭盆会』も秀逸な作品だ。数十ページの中に簡潔に人生を描き、不器用にしか生きられぬ人間の生き方に、涙腺が緩んでしまった。
■浅田次郎が上手い、と思うのは、現実と非現実、シュールの世界を巧みに交錯させながら、境界の区別がつかなくなる程に、読者を物語の世界に引きずり込む手法である。例えば、『メトロに乗って』では、地下鉄銀座線の赤坂見附に向かう地下道を歩いているうちに道に迷い、階段を上がると、そこは終戦直後の闇市の世界で、露天の食い物屋の饐えた匂いが充満する赤坂見附の雑踏である。『鉄道員』(ぽっぽや)では、目の前に死んだ娘が現れて、子供時代から、中学・高校、へと成長してゆく過程を、一瞬のシュールの世界として描き出している。お勧め本は『天切り松・闇語り』、明治末期から大正、昭和初期にかけての物語である。『天国への百マイル』も泣けた。おふくろを看取る話で、極道なあにきに送って読ませた。
■人情味あふれる作品で、泣かされた。自分は、ファンタジー小説はあまり好きでない。『鉄道員』(ぽっぽや)で、死んだ娘が幽霊になって出てくる件は、感心しない。
■この作品には、帯広線など、不採算で廃止になるローカル線の悲哀がにじみ出ている。鉄道で働く「ぽっぽや」たちの誇り、苦労、悲しみを謳い上げた名作である。
■「列車がトンネルに入ると慌てて窓を閉めた。」、あの一こまを懐かしく思い出している。昭和の初期、今考えると、良い時代だった。無駄のない文章、特に会話がうまい。会話での語り口を通して、読者に、その場の情景をありありと浮かび上がらせる。
■8作品を集めた短編集だが、どれも秀逸な作品である。浅田次郎は好きな作家で、よく読む。長編『蒼穹の昴』は2度読み直した。この作家は卓越した描写力で、場面々々を彷彿とさせる。余韻を残すエンディングもうまい。
■浅田次郎は『メトロに乗って』を読んだのが初めて。『鉄道員』(ぽっぽや)は高倉健主演の映画でみたが、映像とはだいぶ違う印象で読んだ。人間関係が、登場人物の目線で細かく描かれていて、主人公の仕事に対する責任感、一家を支える主の決意が見える。爽やかな読後感で読み終えた。
■この作品を読み、「ぽっぽや」は昭和の遺産、と感じた。石炭を焚いて走る列車の旅など、今の若者には想像もつかぬだろう。スピード万能の申し子・新幹線、リニアカーでの旅など、ロマンのかけらもない。自分は20年生まれ、昭和は遠くなりにけり、である。
51ktJlhtnpL.jpg

12/1(火)森守ボランティア トゥエンティクロスに新名所・河童橋誕生

かつて飛び石で渡渉していたトゥエンティクロスは昨年から今年にかけての相次ぐ台風による豪雨で河川は氾濫。土砂に埋まったり、流出するなど、飛び石は跡形もなく消え、渡渉困難となりました。
特に2014年の台風10号、11号は50年に一度の集中豪雨をもたらし、六甲山系の登山道は至る所に土砂崩れが生じ、かってない大荒れとなりました。トゥエンティクロス沿いの景色も一変し、余りの変貌に驚愕の声を上げるハイカーが続出しました。
           
当会の「森守ボランティア」では、飛び石の流失個所4か所に橋を設置してきました。
東から植物園東口の「東口橋」。中間に位置する「中橋」。あじさい広場の下に当たることから「あじさい広場下橋」。地蔵谷分岐に架かる「地蔵谷橋」とそれぞれに橋名をつけ命名してきました。
中でもあじさい広場下橋は全長25mに達し、周辺の景色とマッチする光景はハイカーの足を停め、「上高地の河童橋みたいや」と囁くハイカーが後を絶たないほど人気が高まり、いつしか「河童橋」と呼ばれるようになりました。
 image001_20151207160749828.jpg
中央パワーで大木を運ぶ

また橋をバックに写真を撮るハイカ-も結構多く、この度「河童橋」の看板を取り付け、改めて「河童橋」と命名。トゥエンティクロスに新しい名所が誕生しました。
橋作りは多くの労力を要します。今回の「河童橋」も木の伐採、橋脚の穴掘り、橋梁となる大きな木を対岸に渡すなど、山の会の総力を結集して完成しました。今後ますます市民、ハイカーに愛され、親しまれる「橋」として定着して欲しいものです。
 image003_20151207160752425.jpgimage002_20151207160750024.jpg
 増水時の河童橋河童橋で寛ぐハイカー

第65回 平成27年11月12日 又吉直樹『火花』 文藝春秋9月特別号

お笑い芸人、ピース又吉の書いた初めての小説が大ヒット、芥川賞受賞で220万部突破、又吉ブームを読んだ。賛否両論は、「なんでこれが芥川賞……?」が大勢を占めた。
(高評価)
■面白く読んだ。同時受賞の羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」もまた面白かった。エンディングの豊胸手術は、ひどい終わり方だが、それ以外は主人公の心情がよく描かれている。
■豊胸手術の件は別にして、漫才に賭ける主人公の執念、気迫が感じられる。仕事に対する真摯な姿勢に好感を覚える。
(低評価)
■なぜこの作品が芥川賞に選ばれたのだろう。漫才師のネタ造りの話で、まるで興味が湧かなかった。駄作だ。
■読んでいるうちに居眠りしていた。ストーリーに盛り上がりがなく、作者は何がいいたかったのかと、首を傾げる。芥川賞、この小説のどこが評価されたのだろう。
■これは小説か……?成績の上がらぬ営業マンが、だらだらと言い訳を書き並べた営業報告書に堕している。温泉で花火を見て、火花、とかけた吉本興業の三文芝居だ。
■ストーリー性に欠け、退屈。高樹のぶ子が選評会で酷評しているが、エンディングでの神谷の豊胸手術の件は、まったく違和感を覚えた。この作者の第二作は出るのか。
■図書館に行ったら900人待ちといわれ、仕方なく買った。初め読んで、まったく頭に入らず再読したが分からない。パラグラフの切れ目が少なく、読みにくい。舞台も東京で、関西育ちの自分には土地感がつかめない。風景描写はうまいと思った。
■なぜこの作品が芥川賞なのか?主人公の師匠・神谷が漫才を諦め、シリコンを入れて豊胸手術を施す件は、あまりにも哀れだ。芸人の末路を垣間見た。
hibana.jpg

11/1(日)森守ボランティア 神戸中央山の会パワーでハイキング道を補修

2014年に続き2015年7月の台風11号はトゥエンテイクロス沿いのハイキング道にも大きな爪痕を残しました。
集中豪雨で石ころ道に化し、歩行困難となりましたが、11/1(日)のクリーンハイク時に神戸中央山の会パワーを結集、土運びに土のうをリレーするなどハイカーに喜ばれる歩き易い道になりました。
image001_20151207154310dc3.jpgimage002_20151207154311804.jpg
荒れたハイキング道すべて人力作業です
image003.jpgimage004.jpg
ハイキング道の補修人海戦術です
image005.jpgimage006.jpg
息の合った神戸中央パワーで荒れた道を修復全員で懸命の作業
image007.jpgimage008.jpg
トゥエンテイクロスは人気のコース豪雨の後の補修は欠かせません

第64回 平成27年9月10日 下重暁子『家族という病』 幻冬舎新書

「43万部突破」という新聞の大見出しにつられて取り上げたが、期待外れだった。今回は課題本の選択を誤った。
■幻冬舎はベストセラーメーカーだが、この作品については、彼らのマーケッティング手法に乗じられてしまったと反省している。新しい発見も、人を納得させる提言もない。後味の悪さだけが残った。
■目次を見ると、家族のアルバムのようである。大きな活字、読みやすい文章で、シニアの誰でもが読める割には、中身はお寒い。出版社の口車に乗せられてしまった。
■下重暁子はNHKのキャスター時代から知っており、期待して読んだが、結果は「?」、もう一度読み直して{??……}。」家族のしがらみを新しい視点で掘り下げた提言を期待していたのだが、何もなかった。
■期待して読んだのだが、がっかりした。亭主へのこだわりが半端でなく、自らの家族を突放し、父親と決裂し、あまりにも利己的に過ぎると思う。最後の手紙も面白くない。これは作者の懺悔録である。
■この作品は、貧乏を知らぬ裕福なインテリ階層を対象にしたエッセーで、家族と断絶した思いを反省的につづる懺悔論。内容に目新しさはなく、面白くも何ともない。
■流ちょうな日本語で、とても読みやすい作品である。女の視点で家族を捕らえた「枕草子」的なエッセーで、どこからでも入れる。親との確執から脱却したいという作者の思いが強く感じられ、下重暁子の家族に対する反省論、として読んだ。
kazoku.jpg

第63回 平成27年7月9日 堀川恵子『永山則夫 封印された鑑定記録』

(二度、三度と読み込んできた同人もおり、それぞれに複雑な思い、憤りを感じながら読み終えた模様である。成功した課題本選びのケースである)
■暗いストーリーがドキュメンタリータッチで語られ、とても読みやすい作品である。石川鑑定書では、則夫は家族への「あてつけ」で万引き、窃盗を繰り返したとあるが、この「あてつけ」は則夫の心の叫びなのだと思った。石川医師の「家庭は究極の密室である」とは何を意味するものなのか。
■これほど切ない本を読んだことはない。人を愛するにはエネルギーが要る。愛されている、必要とされている、頼られている、と知って初めて人を愛する力が湧く。虐待され、無視されて育った少年に、人を愛せというのは酷だ。
■NHKのドキュメンタリーを見て読む気になった。貧困ではない、愛の欠如の連鎖が事件の根底にある。則夫を必要としてくれる人間が一人でもいたら、と思う。
■自分と永山則夫の違いは、母に抱かれたことがあるか否かである。則夫は一度も抱かれたことがないばかりか、3回捨てられていることだ。この本ほど人生を考えさせてくれた本はない。
■この裁判は初めから死刑ありき、で終始している。石川医師の精神鑑定書はまったく裁判に生かされていない。
■殺人の動機がよく分からない。馬小屋で寝起きし、路上生活する子供もたくさんいるのに、それに比べればまだ恵まれている。何故か? 石川医師の鑑定書がもっと考慮されていればと、残念に思う。少なくとも死刑は免れたはずだ。
■事実は小説より奇なり、実際にこういう事件が起きたことに驚く。2012年、NHKのドキュメンタリー番組でこの事件が取り上げられ、永山則夫の生の声をきいた。石川医師の『精神鑑定書』を読めば、永山を死刑には出来なかったはずで、司法は意図的に鑑定書を無視した。
nagayama.jpg

第62回 平成27年5月14日 ピエール・ルメートル『その女アレックス』

パリを舞台とした海外ミステリー『その女アレックス』を読んだ。
■思わず引き込まれて、2度読んだ。2度目で余計味が出てきて、感動のうちに読み終えた。筆者の文章力、描写力は感嘆に値する。びっしりと書き込まれた情況描写はリアルで、臨場感にあふれる。翻訳本は文章がぎくしゃくとしてあまり読まぬが、この作品の訳者は、しっかりとした良い文章を書く。それも成功要因のひとつだろう。
■登場人物が多く、人間関係が輻輳して混乱の極みである。一人ひとり書き出し、整理して、初めて頭に入った。従来のサスペンスと全く違うのは、最初から犯人が分かっていて、これをどう処理するのか、この一点で読者を引っ張っていく。作者の描写力はすばらしい。
■図書館では100人待ち、仕方なく買って読んだ。翻訳本は不自然な日本語が多いが、この作品は分かりやすく、人物描写が素晴らしい。主人公の刑事は145cmと子供のようなチビで、これが彼の抱くコンプレックスとして、ストーリーにうまく絡んでくる。
■エンディングでの刑事部長の言葉、「真実、って一体なんだね。われわれ警察にとって大事なことは、真実を追求することではなく、正義を守ることだ。ちがうかね」、この一言で読者は救われる。久しぶりに胸のすくような小説を読んだ。
alex.jpg

第61回 平成27年3月12日 藤沢 周『雪闇』

■芥川賞作品『ブエノスアイレス午前零時』を読んで以来、藤沢周のファンとなった。今、この作家にはまっていて、今年、7冊を読んだ。つっけんどんに突き放した硬質の文章が魅力で、描写力抜群、勉強になる。「雪闇」では、津軽三味線がぴりっと胡椒のきいた小道具としてうまく使われ、作品を盛り上げている。
■ストーリー性の起伏に乏しく、途中までしか読まなかった。私の両親は新潟人で、自分も昭和20年~24年ごろ佐渡で暮らした。冬の新潟はとにかく雪、雪、雪の雪国で、12月から3月は雪に閉じ込められる闇の世界である。この小説のタイトル「雪闇」は、土地柄をよく言い表している。同じ新潟でも、佐渡と本土とではまた価値観の違う面白いところだ。
■これまで取り上げた課題本とは趣の異なる作品だ。ストーリーに変化がない。雪の新潟での、ピアノと津軽三味線の合奏ライブが良い。これを読んでチャイコフスキーのビオリン協奏曲、バッハのG線上のアリアを思い出した。クラシックは好きだ。
yukiyami.jpg

第60回 平成27年1月8日 佐野眞一『沖縄・誰にも書かれたくなかった戦後史』

沖縄の戦後史を扱ったノン・フィクションを読んだ。長編のため、期日までに読み通せなかった同人が多かった。
■本書は「月刊プレーボーイ」に連載されたもので、『カリスマと呼ばれた男』を読んで感激し、読書会で取り上げてもらった。沖縄をこれほど抉って暴いた本はほかにないと思う。ガツンと重く心にひびき、2度読み直した。
■本としてはとても面白い。奄美大島出身者に対する露骨な差別には驚いた。スキャンダル作家と言うイメージが拭えない。「月刊プレーボーイ」連載は頷ける。
■沖縄にはこれまで2度行っている。沖縄返還の年1974年に初めて行ったときは、機上から見たエメラルドグリーンの海に感激した。嘉手納基地に広がる米軍基地、彼らの豪奢な家屋とその隣り合わせには、沖縄人の貧しい集落があり、その落差に複雑な思いを強いられた。沖縄人は皆、けなげに前向きに生きている。
■神戸から出て大きくなったのは山口組とダイエーだけ、という中内功の話が面白かった。佐野眞一はスキャンダルを暴く作家、あまり好きではない。
okinawa.jpg
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。