You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月4日(水)中山連山・梅見ハイクにて

中山寺の梅林では、甘い香りを漂わせたほぼ満開の梅を楽しみました。

image810.jpg CIMG3625.jpg

中山連峰

紅梅・白梅

CIMG3630.jpgCIMG3636.jpg

ピンクと白のミックスの八重の梅

一目何本でしょう?

 前日までぐずついた天気が続き、天候が心配であったが、降水確率が40~50%と高めだが、この時季、優しい春雨はむしろ歓迎だと「決行」のゴーサイン。案の定CLに気合負けしたのか降雨域は天気図なくなり、終日雨と出会うことはなかった。

 阪急山本駅に9時集合、ストレッチ後SLを先頭に全員元気一杯に(9:05)スタート。最明寺(9.25)を経て、眼前の岩場を前にして一息入れる(9:45)。
 岩場は前夜までの雨で濡れていて少し光っているが、合図とともにみな先を争うように登って行く。とにかく参加者全員元気がいい。15分ほどで岩場の終る鉄塔の下に辿り着く。岩場の難度は低いだろうが、CLが皆に十分な目配りをしてくれて心強かった。岩場登り中は私もマークされた一人だが、山の会にあっては何よりも「安全登山」「安全対策」優先であることを再確認できたのはこの上なく嬉しい。
尾根をつたって北西へ歩いて見晴らしのよい場所で小休止(10:50)、誰かが「向こう側に、武庫川がある」とすまして駄洒落をいう。
 中山最高峰に(11:40)到着、昼食となるが、強い北風が吹き上げてきてめっぽう寒い。そんなことで食事は15分ほどで終わり「早く動いたほうが暖かい」と最高峰を後にする。
 肌寒いこともあるが、今日の大きな目的でもある梅の花がもう間じかで、自ずと一行の足も速くなり、中山奥の院に(12:40)到着、全員で記念写真。そこから45分で中山寺梅林に(13:40)到着。白色や簿桃色の花が満開で「春が来てる、いい匂い!」。特に女性はうっとりとして笑顔で至極満足というところ。予定より少し早く阪急中山駅に全員無事到着(14:30)し解散。(M)

2月11日(水)金剛山にて

ツツジ谷遡上コース。中々スリルのある素晴らしい山行でした。
019.jpg紀美峠の美しい杉林

2月8日(日)台高山脈・樹氷の高見山にて

頂上に近づくに連れ砂糖菓子でお化粧をした様なブナの樹氷が私達を出迎えて呉れました。

s-RIMG0442.jpg s-RIMG0443.jpg 

登山口の案内板

小峠の歌碑

 045.jpgs-RIMG0449.jpg

ブナの砂糖菓子

眼前に明神平から明神岳や薊岳の台高の山々


 【所在地】奈良県吉野郡東吉野村 【標高】1248m 【地図】エリアマップ『「高見山』
<参加者>19名
<コースタイム>高見山登山口(9:55)→小峠(10:45)→平野分岐(11:05)→(11:55)高見山山頂にて昼食(12:20)→大峠(13:00)→(13:30)小峠(14:30)
<アプローチ>(みなと観光バス)行き:三宮ラウンドワン前(07:20)⇒(09:50)高見山登山口 帰り:小峠(14:30)⇒(18:40)三宮

 今日は、「関西のマッターホルン」高見山へ。ここは樹氷目当ての団体登山のメッカ、休日には臨時バス「霧氷号」が運行され、相当混雑するとのこと。
 このところ暖かい日が続いていたので、樹氷の発達状態は十分ではなかったが、山頂付近ではわずかながら冬山気分と樹氷を体験できた。

【高見山登山口】バスを降りると、身支度を済まし、登山口(480m)を少し登った広場に集合、リーダーから本日の注意事項ほかを聞く。その後入念にストレッチをして出発。この間にも狭い登山口を多くの登山客が通過していく。
【高見山山頂へ】直登ルートで山頂を目指す。旧伊勢南街道だった小峠(820m)までは石畳もあり、歩きやすい登山道。気温も高めで、順調に進む。
小峠の地蔵尊の鳥居を抜け、スギ林に入ったとたん急登となる。平野分岐を過ぎるとあたりは雪景色となり、一気に冬山という感じ。道は雪で踏み固められ、実によく滑る。アイゼンをつけようか迷うが、そのまま登る。やがてスギ林から抜け出し稜線に出る。左からの風が急に強くなり寒さも増してきた。
【高見山山頂】狭い山頂(1248m)付近は大勢のひと。立派な避難小屋と八咫烏建角命を祀る高角神社の社が建っている。寒い!私達は南側の斜面で早々に食事を済まし下山準備、樹氷のかけらが強風に吹かれ、はらはらと舞い落ちる。
【高見山山頂~大峠~小峠】帰りは、日当たりがよく雪のない南側のブナ林沿いの急坂を大峠(890m)へ下る。眼前に明神平から明神岳や薊岳の台高の山々が広がる。(K)

<旧伊勢南街道小峠の説明板には古人の歌が記されていました>
 我妹子(わぎもこ)を いざ見の山を 高みかも 大和の見えぬ 国みかも 万葉集 石上麿
 きくがごと まこと高見の 山なれば わが里見せよ 雲居なりとも      本居 宣長

1月18日(日)雪山教室修了山行・比良 権現山~蓬莱山にて

hourai01.jpg稜線から見えた比叡山
hourai02.jpg蓬莱山頂のお地蔵様も雪の中

1月1日(木)2009年のスタートをお神酒でカンパ~イ!おらが山にて

IMG_0010.jpg今年の初日の出

12月23日(火・祝)雪山ハイク・船木山~後山~駒の尾山にて

霧氷がきれいでした。
DSCN1620.jpg周りは白い桜(?)が満開

3月23日(日)奈良・葛城の道にて

神々の里として知られる「葛城の道」は金剛・葛城両山のふもとを北から南へ約12kmを歩きます。要所、要所に建てられた道標に導かれながら数々の寺社仏閣を訪ました。又この道沿いには古民家が多く、ここにも歴史を感じます。
CIMG2330.jpg極楽寺裏の高台では白梅が満開
takakamo3.jpg高天彦神社の参道両脇には樹齢数百年の老杉が・・・
takakamo1.jpg最終地点・高鴨神社
takakamo2.jpg高鴨神社の段飾り

3月21日(金)鳥取県・大山にて

元谷堰堤から観た大山です。
daisenn9.jpg

2月17日(日)「有馬四十八滝」(紅葉谷~石切道)にて

有馬四十八滝がまるで「あ、水割り・・・」です。
P2170065.jpg

ちぐさ高原~ダルガ峰(テント泊)にて

雪に埋まったダルガ峰の標識です。
darugamine13.jpg
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。