You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月30日(木)~8月2日(日) 【夏山修了山行】奥穂高岳(標高3190m)

夏山教室の座学・トレーニングで準備万端の22名が憧れの奥穂をめざしました。 なかなか明けない梅雨でしたが、ちょっぴり景色も見えて、でもやっぱり雨に降られ、例年になく多い残雪の上を歩いて、持参した装備全てを使えて、それはそれでいい経験になりました。 残念ながら、頂上での展望はありませんでしたが、初登頂の人の満足げな笑顔が印象的でした。

 kappabashi.jpg  IMGP6763.jpg

 河童橋からスタートです

 梓川を遡って行きます

 IMGP6798.jpg  yokooohashi.jpg

 ホタルブクロの色が鮮やかです

 平坦な道を約3時間、横尾大橋です

 IMGP6809.jpg  IMGP6812.jpg

 屏風岩が見えてきました

 シロバナノニガナが清楚です

 IMGP6833.jpg  IMGP6834.jpg

 キヌガサソウのお出迎え

 涸沢ヒュッテが見えてきました

 IMGP6857.jpg  IMGP6868.jpg

ニッコウキスゲの出迎えで涸沢小屋に到着

奥穂の稜線が朝日に照らされています

IMGP6869.jpg IMGP6880.jpg 

吊り尾根からカールの残雪

青空の下、快適に登りました

IMGP6893.jpg  

シナノキンバイが咲き誇っていました

 
  IMGP6914.jpg

風雨の中、梯子・鎖に気をつけてやっと登頂

コバイケイソウに見送られて下山


<日時>2009年7月30日(木)~8月2日(日)
<コースタイム>三ノ宮22:00出発→平湯経由上高地5:30着
1日目(天候:曇)上高地6:10出発→明神7:15→徳沢8:40→横尾10:00→本谷橋11:00(昼食)11:30出発→涸沢小屋14:00
2日目(天候:雨)起床5:00朝食、準備、ストレッチ6:15出発→穂高山荘着8:50(20分休憩)→穂高岳山頂着10:00(15分休憩)→穂高山荘着11:00(昼食)11:45出発→涸沢小屋着14:00
3日目(天候:雨)起床4:30(雨の為小屋で朝食をとる)5:20出発→本谷橋7:05→横尾8:10→徳沢9:10→明神10:15→上高地11:10上高地出発12:00(バス)→平湯12:30(昼食入浴)14:00出発→三宮21:30着

<参加者>22名
 5月13日の夏山登山教室の座学から始まり、座学を基にしたトレーニング等を経て7月30日の夏山修了山行北アルプス・奥穂高岳を迎えました。夜行バスの座席は二人掛けの座席を一人で占拠でき、余裕でしたが慣れないせいか中々寝付かれませんでした。
 7月31日早朝上高地に着きました。早朝にもかかわらず上高地は登山客で賑わっておりました。上高地から横尾までは標高差は感じられませんでしたが、周りの景観は充分楽しむことができました。河童橋からの穂高連峰、梓川の清流、梓川に沿った樹林の新緑、樹林の間に咲いている高山植物の花。横尾から本谷橋まで時折見える屏風岩の岩壁の偉大さに圧倒されながら本谷橋に着きました。本谷橋では何組かのグループが食事若しくは休憩をしていました。私達も横尾谷の渓流を眺めながら食事を取りました。
 ここまで周りの景色も眺める余裕も有りましたが、つり橋を渡ると急登が待っていました。急登が終わり緩やかな坂。ホット一息つく間もなく次に待っていたのはガレ場のトラバース。足がすくむ箇所が何箇所かあった。景色どころか自分の足元を見るのが精一杯だった。Sガレを通過した頃、幾分か周りに目を転じることができ、遠くに目をやると涸沢小屋らしきものが見えった。そして、その前に雪渓が横たわっていった。言葉は知っているが初めて見る雪渓。雪渓が見えてどの位、経っただろか雪渓が目の前にある。恐々、雪渓の中に足を踏み入れる。その際Iさん、Nさんから雪渓での歩行及び留意点を教わる。
 「百聞は一見にしかず」彼等を真似って雪渓を歩く。
 雪渓の歩行が終わり、今日の目的地である涸沢小屋にやっとたどり着きました。
 涸沢小屋から見渡せる穂高連峰、明神岳、そして幾つかの山々。素晴しい一言です。
 登山をするものならば誰でも憧れる山々が目の前にそびえっている。
 私はこの景観で夏山修了山行に来た甲斐があると思いました。それと同時に、あの険しい岩山を登るのかと思うと少なからず恐れを抱きました。
 8月1日ついにその日が来ました。昨夜は山小屋という慣れない環境と明日の未知の遭遇を考えると寝不足になりました。
 当日、雨が降っていれば奥穂高岳山行は中止だったが曇り空だったので決行。
 涸沢カールを眼下にしながら、敷き詰められたような岩場を歩く。
 途中で雨に会い、雨支度をする。岩場交じりの尾根伝い、鎖のある岩場。
 慎重に足を運ぶ。何が幸いするか、視界が悪いため眼下への恐怖感は薄らぐ。
 雪が残っている穂高山荘に着く。このような天候にも関わらず穂高山荘は登山客で賑わっていました。
 穂高山荘で一休みした後、奥穂高岳へと向かいました。
 向かうとまもなく岩場の梯子が目に入りました。登頂までの険しさを暗示しているかのごとく。岩場の梯子の次は岩場の鎖そして稜線と続く。雨と冷や汗が体を包む。3,190m。日本で3番目に高い山。登山で日本3大名山に数えられる山。奥穂高岳。ついに登頂。信じられないが山頂に立ちました。視界不良で展望は望むことはできませんでしたが、穂高神社の山宮は私の目にしっかりと捉えることできました。達成感というのでしょうか。私は満足でした。
 下山は軽い足取りと行きたいところだったが、体力と精神は別ものでした。
 班別で下山していたのがいつの間にか遅れ、CLのUさんの前だった。
 CLのUさんはゆっくりでいいから自分のペースで歩きなさいと励ましてくれました。お陰で小屋までたどり着くことができました。小屋では奥穂高岳の登頂の祝杯を上げました。祝杯でNさんが私の北アルプスデビューを我ごとのように喜んで呉れました。嬉しかったです。
 8月2日夏山修了山行の最終日。涸沢小屋から上高地まで登りと同じコースたどる。登りと違うのは天候である。登りは曇り空だったが下山は雨の中。
 それと雪渓。登りはアイゼンなしだったが下りはアイゼンを履いた。
 アイゼンを履くのは初めて。冬山登山の気分を少しだけ味わった。下山は昨日と同じく足取りは重い。またしてもCLのUさんの励ましを受け上高地まで歩く。そして足を引きずりながらもどうにか、上高地まで下山することができました。

 思い出深き夏山修了山行、北アルプス・奥穂高岳。
 山を登る楽しみに、草花を愛でることを教えてくれた方。
 周りの山の特長を、ガイドブックよりも分かりやすく説明してくれた方。
 岩場の歩行、雪渓の歩行等を実践し技術的な指導を行ってくれた方。
 疲れてくると、ジョークで笑いを撒いてくれた方。
 遅れると、大丈夫と励ましてくれた方。
 その他にも、山に慣れない私を見守ってくれた方。

 このような人がいる神戸中央山の会に入ってよかったと思いました。本当に良き山の思い出をたくさん作っていただき有難うございました。 (K.H)

10月4日(土)~6日(月)紅葉の涸沢(個人山行)

雄大な穂高が見られ、紅葉も堪能してきました。
karasawa2.jpg穂高連峰
karasawa4.jpgナナカマド

8月9日(土) ~12日(火)燕岳~(表銀座縦走)~槍ヶ岳(自主山行)

 経験浅い3人組が表銀座から槍ヶ岳にチャレンジしてきました。4日間ともに午前中は雲一つない晴天に恵まれ、また大きなアクシデントにも会わず、北アルプスの山々を眺めながらの山行でした。初めて槍の穂先に立った人、昨年の修了山行のリベンジ(昨年は真っ白な世界)をした人、それぞれ感動いっぱいの山行を楽しんできました。

コース:一日目 新大阪⇒穂高駅⇒中房温泉登山口→燕山荘(泊)
     二日目 燕山荘→大天井岳→西岳ヒュッテ→水俣乗越→ヒュッテ大槍(泊)
     三日目 ヒュッテ大槍→槍ヶ岳→槍ヶ岳山荘→槍沢ロッジ→徳沢園(泊)
     四日目 徳沢園→明神池→上高地⇒大阪駅
yari5.jpg yari7.jpg 

蛙岩近くからの朝焼け
手ぶれではありません(5時27分)

北鎌尾根、東鎌尾根を広げた槍ヶ岳だぁ

yari11.jpg yari15.jpg 

ブロッケン現象がカメラに撮れたぁ
中央の黒い影が我々だよ(ヒュッテ大槍)

 
yari16.jpg yari12.jpg 
  
yari14.jpg yari13.jpg 
  

7月25日(金)夜~27日(日)夏山修了山行 甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳にて

甲斐駒ヶ岳は白い花崗岩の男性的な山で岩場歩きを楽しみました。仙丈ヶ岳は広々としたカール地形でチングルマ・オヤマノエンドウ・イワベンケイ・キバナシャクナゲなど高山植物を楽しみました。

s-1.jpg s-RIMG0243.jpg 

出発点・北沢峠

甲斐駒ヶ岳の山容

s-RIMG0240.jpg s-RIMG0255.jpg 

仙水峠を過ぎたあたりからみた甲斐駒ヶ岳

仙丈小屋からいよいよ仙丈岳を目指して

s-12.jpg s-RIMG0269.jpg 

馬の背ヒュッテを過ぎて、甲斐駒~鋸岳

イワギキョウ

CAR8IH7M.jpg20.jpg

キバナシャクナゲ

ハクサンイチゲ

【地図】2.5万図『仙丈ヶ岳(甲府)』
甲斐駒ケ岳【所在地】山梨県北杜市、長野県伊那市   【標高】2,967m
仙丈ケ岳 【所在地】山梨県南アルプス市、長野県伊那市【標高】3,033m

<日 時>平成20年7月25日(金)夜~27日(日)天候:晴れ <参加者>20名
<コースタイム>1日目 仙流荘にて各自朝食 (04:35) (南アルプス林道バス)→(05:25)北沢峠(05:50)→(06:35)仙水小屋→(07:15)仙水峠(07:20)→(09:00)駒津峰(09:30)→(11:20)甲斐駒頂上にて昼食(12:00)→(13:25)駒津峰(13:30)→(14:20)双児山経由→(15:50)北沢峠→(16:00)大平山荘に到着、(16:50)夕食、(19:00)就寝 歩行時間10:00
2日目 起床(03:30)、大平山荘 (04:15) 出発→(07:10)馬の背ヒュッテ(07:25)→(08:25)仙丈小屋(09:00) →(09:30)仙丈岳(09:45)→(10:40)小仙丈岳(10:50)→(11:30)大滝の頭→(12:55)北沢峠(13:05) (林道バス)→(14:00)仙流荘にて入浴   歩行時間08:40
<アプローチ>(みなと観光バス)行き:三宮(25日21:55)→(26日03:50)戸台口 帰り:戸台口(27日15:00)→多賀サービスエリア→(20:30)三宮

 6月、7月の数回の座学やボッカトレの後、いよいよ赤石山脈(南アルプス)北端の甲斐駒ケ岳・仙丈ケ岳への夏山修了山行となりました。甲斐駒ヶ岳では北岳や鳳凰三山(地蔵岳のオベリスクも!)を見ながらの登山、仙丈ヶ岳では槍ケ岳から穂高連峰、中央アルプスを見ながらの登山となりました。仙丈ヶ岳山頂では雲の合間から富士山も見ることができました。
 1日目の甲斐駒ケ岳は白い花崗岩の岩肌に緑のハイマツの男性的な山で岩場歩きを楽しみました。2日目の仙丈ケ岳は広々としたカール地形でチングルマ・オヤマノエンドウ・イワベンケイ・キバナシャクナゲ、イワギキョウなど高山植物を楽しみました。
 夜行バスでの疲れもあったのか、駒津峰でひとり軽い高山病になり、甲斐駒ケ岳は19人で山頂に立ちました。翌日の仙丈ケ岳は、高山病も回復し、全員山頂に立つことができました。両日とも好天恵まれ素晴らしい山行となり、大きな感動が残りました。周到な計画を立てていただいたリーダーをはじめいろいろ尽力いただいた皆さんに大感謝です。
 帰りのバスは、Iさんの百名山達成とUさんの誕生日のお祝いということで、にぎやかな車内となりました。「おめでとう、おめでとう」の合唱、皆さんご苦労さまでした。

7月26日(土) 甲斐駒ケ岳【標高】2,967m
【仙流荘前~北沢峠】神戸からのバスから降りて各自朝食他で時間を潰し、南アルプス林道バスを待つことに。本来なら始発6時のところ4時35分出発となった。南アルプス林道バスは、車内で運転手兼ガイドさんの周辺の山々や高山植物の流暢な説明を聞きながら、約50分で北沢峠の長衛山荘前のバス停に到着、ここは水場や立派なトイレもあり、ちょっとしたバスターミナルという感じ。
【北沢峠~仙水峠~駒津峰】まだ薄暗い北沢峠でストレッチの後、仙水峠を目指して出発。途中、北沢駒仙小屋(旧北沢長衛小屋)のテント場を抜け、仙水小屋を過ぎて、渓流沿いにシラベの原生林の中を登る。仙水小屋は水が豊富で料理がおいしいので有名らしい。原生林を抜けるとガラガラの岩の斜面の登りとなり、背後に明日登頂予定の仙丈ケ岳がはっきり見える。しばらく行くと仙水峠へ到着、ここは左手に麻利支天の黒い大岩壁、右手に栗沢山の稜線が天高く伸び、東西がぽっかりと開けた峠だ。
ここから駒津峰へは森林地帯の急登となり、鳳凰三山を背にゆっくり登る。森林限界を超えようやく駒津峰(2,750m)に到着、まさに南アルプス屈指の展望台、360°の展望だ。すでに先着の多くのグループが休憩中。ここで甲斐駒ケ岳、麻利支天をバックに全員で記念撮影。
【駒津峰~甲斐駒ケ岳山頂】駒津峰から登山道を見上げると先を行く登山者が豆粒のように見える。甲斐駒ケ岳山頂へは直登コースを選択。いよいよこれからは岩場の登り。トレーニングの成果を生かし、急な岩場を三点確保ですいすい登る。山頂に近づくに従い足元は花崗岩のザレ場となる。次第に少しガスが出てきた。さすがに全員へばり気味か。山頂には多くのひと。ガスがさらに強くなる。ここで記念撮影と昼食。
【甲斐駒ケ岳山頂~駒津峰~双児山~北沢峠~大平山荘】甲斐駒ケ岳山頂からの下りは花崗岩の風化したザレ場の巻き道を進み、ダケカンバのやせ尾根を通って駒津峰へ。気分が悪いためここに残っていたKさんと合流、かなり回復している様子。さらに北沢峠を目指しひたすら歩く。16時に大平山荘に到着。山荘はもう先着の登山客でいっぱい。ザックを下ろし山荘横でストレッチ、冷たい湧水で顔を洗い生き返る。19時消灯、心地よい眠りについた。 (K)

7月27日(日)仙丈ケ岳【標高】3033m
【大平山荘~馬の背ヒュッテ】早朝3時半に起き出し、まだ暗いなかミーティングとストレッチ。ヘッドランプを頼りに大平山荘を出発。シラビソ・ツガなどの樹林の山腹に続く藪沢コースの登山道を慎重に歩く。しばらく登ると藪沢の河床に出て雪渓を通り対岸へ渡る。雪渓が残る谷筋を高山植物が咲き乱れる藪沢の流れに沿って左岸を登っていく。沢の水は冷たく、まさに「南アルプスの天然水」。辺りはダケカンバが枝葉を広げ、背中に当る日差しが心地よい。
【馬の背ヒュッテ~仙丈小屋~仙丈ケ岳山頂】馬の背ヒュッテを過ぎて右手に北アルプス、中央アルプスの山々を見ながら馬の背の稜線を進むと藪沢カールが見えた。カール底にある仙丈小屋前の広場に着くと、ここでしばし景色を楽しみながらコーヒータイム。ここの水場も最高。
仙丈小屋からいよいよ仙丈ケ岳目指して出発、山頂が目の前に迫ってきた。岩間に咲くイワギキョウの美しさに感動。山頂からは360°アルプスの山々の絶景、北に甲斐駒ケ岳~鋸岳、南に北岳をはじめ南アルプスの山々、雲の合間から富士山も見えた。
【仙丈ケ岳山頂~小仙丈ヶ岳(2,855m)~大滝の頭~北沢峠】下山は藪沢カールを囲む稜線を南から東へ半周、小仙丈尾根を経て岩場の小ピークを越え針葉樹林帯に入り、大滝の頭(尾根の五合目)に出た。天候や雷を気にしながら、さらに長々下って北沢峠に到着。今にも雨が降りそう。
【北沢峠~仙流荘前】幸い予定より1時間早い林道バスに間に合い、約50分で仙流荘へ。先日同様、午前中は快晴だったが午後からは天候が急変、バスに乗ったとたんに雨が降り出した。さすがに山の天気は変わりやすい。仙流荘で入浴後、全員の無事下山を喜び帰路についた。 (I)

« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。