You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月19日(土)~21日(月) 南ア・聖岳~光岳縦走(自主山行)

人で聖岳から光岳を縦走してきました。全日快晴に恵まれ、富士を見ながらの雄大な南ア南部はしんどかったけど楽しい3日間でした。
 s-gainennzu.jpg  s-IMG_0008.jpg

 山行ルート概念図

 便ヶ島から西沢渡へとスタート

 s-IMG_0012.jpg  s-IMG_0036.jpg

 西沢渡のかご渡し <利用は増水時だけョ!>

 薊畑にて <急登を終え余裕のポーズ>

 s-IMG_0047.jpg  s-IMG_0058.jpg

 聖平 <小屋への木道>

 聖岳への登り

 s-IMG_0064.jpg  s-IMG_0068.jpg

 前聖岳(3,013m)頂上

 奥聖岳頂上からの富士

 s-IMG_0075.jpg  s-IMG_0103.jpg

 聖岳からの下降

 上河内岳肩への登り

s-IMG_0108.jpg s-IMG_0117.jpg 

上河内岳頂上にて

秋色の茶臼への道

 s-IMG_0121.jpg  s-IMG_0126.jpg

茶臼小屋への道

光岳頂上

 s-IMG_0127.jpg  s-IMG_0130.jpg

今回縦走の南端 「光石」

余裕顔でゴール <きつい下降で脚ガタガタ>


(行程)【9月19日】前夜マイカーで神戸出発、飯田ICから易老渡の駐車場着、約1時間の仮眠。易老渡駐車場6:00出発→便ケ島7:10→西沢渡8:00→苔平10:25→薊畑11:50→聖平小屋12:10(夕食16:30)
【9月20日】聖平小屋4:50出発→薊畑5:15→小聖岳6:05→聖岳7:20→奥聖岳7:40→聖岳8:05→小聖岳8:55→薊畑9:30→聖平小屋(昼食)10:35→上河内岳13:00→竹内門岩13:30→茶臼小屋14:30(夕食)16:30
【9月21日】茶臼小屋3:45→茶臼岳4:20→希望峰5:00→易老岳6:35→光小屋8:30→光岳8:45→光石9:05→光岳9:15→光小屋9:50易老岳.●易老岳分岐12:15→倒木広場13:00→面平13:45→小コル14:05→易老渡駐車所14:45
(行程)1日目:前夜マイカーで神戸出発、飯田ICから易老渡の駐車場着、約1時間の仮眠。易老渡スタート6:00→便ヶ島→西沢渡→薊畑→12:20聖平小屋(泊)
2日目:聖平小屋4:50→薊畑→7:10前聖岳→奥聖岳→前聖岳8:05→薊畑→9:45聖平小屋10:35→上河内岳13:05→14:30茶臼小屋(泊)
3日目:茶臼小屋3:45→茶臼岳4:20→易老岳6:35→8:45光岳→光石9:05→光岳9:15→9:25光小屋9:50→11:40易老岳12:00→面平→14:45易老渡駐車場ゴール
参加者:4名 

「これからの長い道程を無事に」と願い込めて易老渡駐車場をスタート。歩き始めてすぐに沢の向側で猿の鳴き声がきえる。西沢渡までは平坦な道程、荷物を運ぶ籠に乗って戯れる。これから聖小屋まで急登4時間、途中で足が悲鳴を上げる。小屋に着いたらすぐ寝入ってしまう。2日目10時間、3日目11時間と初めての強行軍、どうにか仲間に着いていけた。3日間晴天に恵まれる。
聖岳は三百六十度の大パノラマ。回り見渡す限り山ばかり雲一筋もない堂々と聳える富士。朝には朝日の影になった富士、昼には雲に囲まれた富士と時間と共に変わる姿を見て、童心に還る。昨年の甲斐駒千丈、槍ヶ岳等、自分が登った山の記憶が甦る。経験が浅いせいか他の山の名前を聞いてもすぐに忘れる。
光岳はゴロゴロ道を登り切ったら景色が一変した。ハイマツとコケで緑に覆われた広い草原と表現する。こんな山頂は初めてで大感動、薊畑は遅かったのか枯れて残念だった。.易老岳は雑木林で視界ゼロ。最後の3時間急坂の下りでは何回も転倒しそうになる。やっと易老渡駐車場到着、無事下山できたことを仲間と喜び合う。(T)
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。