FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

8月30日(日)比良・白滝谷沢登り

苔と緑と水が綺麗な白滝谷で沢登りを楽しみました。今回は水量が多く、まいたり、冷たい洗礼を受けたりして夫婦滝まで行きました。 

 sawa08301.jpg  sawa012.jpg

準備OK

深いかな?

 sawa016.jpg  sawa021.jpg

沢、楽しいよ

谷あいの緑が綺麗です

 sawa022.jpg

 sawa026.jpg

岩がツルツル、慎重に

ロープ出すから待ってて~

 sawa027.jpg  sawa030.jpg

へつり

水のある所が歩きやすいよ

 sawa032.jpg

 sawa033.jpg

濡れたくないです

夫婦滝なのに半分しか写っていませんでした

コース:坊村9:40-牛コバ10:30―11:00入渓―小滝―末広(昼食)12:30―スベリ石-白滝―夫婦滝14:30-登山道(着替)15:00-打見山―ゴンドラ乗り場15:50-発16:15-山麓駅着16:30→JR志賀駅
参加者:7名

【トレーニング】今回のメンバーで8月22日(土)に阪急芦屋川駅に集合、地獄谷、ブラックフェース、荒地山あたりで事前トレーニングと座学を行いました。
 トレーニングの内容は、①地獄谷より沢の石でボルダリングの練習、②お助けロープでの確保の練習、③川の横でのへつりの練習等で、これらを何回も行いました。
 その後、キャッスルウォールを通り抜け、ブラックフェースの左側の岩をへつるようにロープを出し、クレムハイストで登りました。汗がダラダラ出て、意義のあるトレーニングでした。

【白滝谷当日】JR堅田より満員バスに揺られ、約1時間で坊村に到着、さらに坊村から1時間弱で牛コバに到着。ここで軽い食事を取り、準備体操。昨日短時間降った激しい雨で、谷が増水しているかもしれない。
早速、本流に入る。大きな蜂が一匹しつこく寄ってくるが、私たちはこれを無視して綺麗な川にジャブジャブと入り、さっさと前進する。小さな滝を過ぎすぐに末広の滝に到着、ここで昼食だがあまり休むと寒いので短時間で済ます。残暑の太陽の光が沢の雰囲気を明るくしている。
 午後は滝の連続、大滝でフィックスロープを降ろしてもらい、クレムハイスト確保にて登り、あっという間に夫婦滝に到着。―――もうここが最後の滝となる。
 私は本格的な沢登りは初めてで戸惑いがあったが、何とかついて行けました。
 川の中の石の上を流れる水に足を置くと、その瞬間、水がパッと飛び散り、飛び散った水に光が反射し、噴水のような風景が突然できる。素敵な光景です。
 誰か滑って“ジャポン”もあったが、遊びの面からすれば本人もこれほど楽しいことはないかも??
登山道に上がり、着替えして、急坂を快速電車並みに歩きに歩いてゴンドラ乗場に到着、ガスが出て周りの景色は見えず残念でした。沢登りの魅力は自然との対話だと感じました。(N)
スポンサーサイト



COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »