You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

9月5日(土)但馬の展望台 東床ノ尾山(839m)~西床ノ尾山(843m)

兵庫50山の一つ、東床ノ尾山は360度の眺望で有名。しかし今回は頂上はガスがかかり眺望はゼロ。足早に西床ノ尾山の向かいました。途中ヤマボウシの実がたわわに実り、何よりのご馳走に一同は歓声を上げました。

s-ohkatsura_04.jpg s-image003.jpg 

天然記念物・糸井の大カズラの前で

登山口


コース:三宮(7:30)→糸井の大カズラ駐車場(10:00)→糸井の大カズラ(10:20)→東床尾山山頂(11:35)昼食12:10出発→西床尾山山頂(13:15)→糸井の大カズラ駐車場( (15:35)

参加者:5名 

 糸井の大カズラを見て、いよいよ黄金伝説・金鉱石を探す一攫千金の登山をスタートする。最初は谷沿いをクルミの木を横に見ながら歩く。谷を過ぎると稜線に向ってかなりきつい登りを歩き、縦走路の分岐に到着、山頂まではあと600m。
 展望のよいはずの山頂に到着したが、周りは白く何も見えず寒い。食事をとりすぐに出発。縦走路分岐まで戻り、西床尾山に向かう。途中クリの木やヤマボウシの実がある木がたくさんあり、Tさんが食べられるというと全員貪るように食べる。いつしか黄金伝説は金鉱石からクリ、クルミ、ヤマボウシに変わっていた。
 1時間ほどで西床尾山山頂に到着、ここでも何も見えないのですぐ出発、矢印に従って進むが、途中で道が違うのに気づき山頂に引き返す。山頂で矢印の標識がもう一つあるのを発見、確かにこの標識は見にくい所にある。
 山頂からすぐ左側に曲がって下る道がある。すぐ急な下り坂が続く道が雨のあとのようになっており、滑りやすい。Tさん以外は慎重に降りる。そこを過ぎると谷に辿り着き、あとは谷沿いに進み、金の精錬所跡を通り道路にでる。ここの谷で水浴び、しばし童心にかえる。
 非常に楽しいコースであり、機会があれば展望がいい時期にもう一度行きたい。(I)

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »