FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

11月1日(土)ダイヤモンドトレール最終回・紀見峠~岩湧山~槙尾山にて

青空に輝くススキがきれいでした。
iwakiyama3.jpg岩湧山山頂より大阪平野を望む
iwakiyama4.jpgススキの中の階段

 ダイヤモンドトレールとは、大阪の屯鶴峰より槙尾山まで、全長60キロの整備されたハイキングコースです。途中、葛城山や金剛山、岩湧山といった有名な山がありアップダウンもかなりあるので人気のコースです。1年ほど前より歩きだし途中中断していたが、とうとう本日が最終回となりました。なかなか感激深いものがあります。
 9時に紀見駅に到着、各自ストレッチして9時10分に岩湧山へと歩きだす。登山口までが長く、すぐ汗が吹き出す。9時50分休憩を取り、塩あめや凍ったこんにゃくゼリーをいただく。のどに詰めないように食べようといいながら和気あいあいの雰囲気で出発。すぐに急な登りになるが、帰り午後4時ごろのバスに乗る予定なので少しでも時間を稼ごうと我慢して登る。
 11時45分、岩湧山頂到着。青空に輝くススキが美しい。山頂は一面のすすきで沢山の人が訪れていました。槙尾山では時間がないということで、ここでコーヒーも飲もうということに。Nさんが皆のコーヒーを用意してきてくれた。Tさんはいつものあごを持ってきてくれ楽しい時間を過ごす。岩湧山頂からいままで歩いた生駒山、葛城山、金剛山が見え、よく歩いたなあと思う。いつもは神戸からこちらの方向を見ているが、今回は反対に神戸方面を見るなあとTさんがいっていた。
 ここから一気に滝畑に下る。結構急な下りで気をつけながら降りる。滝畑の売店でジュースを購入して休憩。休憩するとどっと疲れが出る。えー、今からまた登るのか?と思いながら槙尾山に向かって出発。これもまた急坂の連続で疲れた体は思うように動かない。疲れた、しんどいと皆の口から聞こえだす。でもバスの時間があるということで我慢して登る。
 やっと槙尾山頂に到着。ここは槙尾山施福寺で西国33ケ所4番札場所らしい。年配の参拝者が大勢訪れていた。年配の人達にはこの場所はきついなぁと思いながら写真撮影する。Nさんが売店でバスの時間を見てくるといって売店に入って行った。にこにこしながら帰ってきて土曜日の時刻表が違っていましたとのこと。バスは10分前に出たらしく、ここから1時間ほど歩いた南海のバス停に行こうということに。内心えー,タクシーないの?と思う。結局、また4キロ先の南海のバス亭まで1時間かけて歩くことに…。Nさんはどんどんスピードを上げて歩きだすが、あとの4人は元気が出ない。
 途中みかん畑があり、Tさんは1個失敬して食べていた。みかんのおかげかTさんもスピードを上げて歩きだした。私も食べるべきだったかと少し反省。ようやくバス停に到着。泉北高遠、和泉中央行き4時40分のバスに乗ることができました。バスに乗るとみんなすぐに寝てしまい、相当疲れた様子。私も今日は4万歩も歩いたので疲れました。(S)
スポンサーサイト



COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »