You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第75回読書会 平成29年7月13日(木)浅田次郎『ハッピー・リタイアメント』幻冬舎文庫

全体的に不評、賛同者は二人だけだった。
(好評)
■痛快娯楽作として読んだ。特にマッカーサー元帥の功績については、いろいろと教えられた。財閥解体、農地改革などにより、日本に民主主義の基礎を作った。
■国の天下り政策を逆手に取ったシルバーたちのしたたかさ、文句なしに面白く読んだ。大長編を書き上げた後の息抜きとして描いたような、軽いタッチの作品。但し、イントロ部分の、作者本人が実名で顔を出す件は艶消しだった。
(不評)
■小説としては面白く読めたが、最後の落ちが何処にあるのか不明。こういういい加減な構成でも小説になる、という例である。
■この作品は浅田次郎の失敗作。まず、動機が「横領」という犯罪行為であり、どう譲っても受け入れられない。競馬の当たり馬券の件に至ってはもう漫画、構成がメチャクチャで、現実離れしている。映画やドラマになった『天国までの百マイル』は良かったが。
■一回さっと読んだあと、もう一度読み直したが、途中で放り投げた。この作品の主人公たちはほんとうに”Happy retirement”だったのだろうかと思う。以前、債権回収の仕事をしていたことがあるので分かるが、この作品はインパクトに欠ける失敗作だ。
■自衛隊OBというのは皆、このタイプの人間なのだろうか。この小説で学んだのは、➀金を貸して利息をとる、②金を借りて返さない、の2つの金儲けの方法。これをリアルな関西弁で語られると納得してしまう。主人公、立花葵の生き方には共感するところがある。
■天下りの話で、期待して読んだのだが、期待外れだった。作者の他の作品と比べると軽い。話は面白かったが、うーん、どうだろう……。
■こんな天下り先があれば飛んで行きたいと思った。但し、エピローグはショックだった。これはなかった方が良かったと思う。
happyretirement.jpg
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。