You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月4日(金)~6日(日)鹿島槍・鎌尾根 残雪の北アルプス

雪がずり落ちそうな急峻な尾根を登るのはとても怖かった。山頂付近では前夜積もった新雪をラッセルしながら慎重にステップを切ります。クレバスを縫い、文字通り刃先のようになっている細い雪塊の上を通るなどして、6時間かけて稜線へ。雪庇を乗り越え稜線に出たときは、「鎌尾根を登れた」という満足感に浸りました。予定では鎌尾根をピストンする計画でしたが下降は危険と判断し、赤岩尾根を下ることになりました。赤岩尾根ははしご段や痩せた箇所があってこれまた難路。この日の行動時間は13時間となりました。

コース 1 日目:9:30大谷原~11:00西俣出合(幕営)~15:00雪上訓練
2 日目:4:30西俣出合~鎌尾根~11:30鹿島槍ヶ岳南峰~14:00冷池山荘~赤岩尾根~17:30西俣出合
3 日目:5:30西俣出合~大谷原~帰神(会員5名)
07_20120712173925.jpg  15.jpg
 北股本谷から鎌尾根
16.jpg20_20120712173922.jpg
鹿島槍ヶ岳の稜線 ピッケルをかざして雪庇を越える
27.jpg29.jpg
32.jpg34.jpg
赤岩尾根から鹿島槍鎌尾根を望む
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

    (copyボタンはIEのみ有効です)
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。