FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

第78回読書会 平成30年5月10日(木)湊かなえ『贖罪』東京創元社

今年4月、湊かなえ『贖罪』はアメリカのミステリー大賞「エドガー賞」にノミネートされたが受賞を逃した。日本人のノミネートは桐野夏生、東野圭吾につづき3人目だが、何れも獲れなかった。誰が獲るか? そんな期待感でこの作品を読んだ。
■200万部のヒット作品。読みやすく、人間の持つ毒性、心の闇の部分を描き出した面白い作品。
■一人の人間の発した言葉が他人の人生を大きく狂わせる。そんな恐ろしさを覚えながら読んだ。言葉の捉え方は聞く人間によって様々で、4人を犯罪に走らせる。
■15年後、結びで母親が4人に詫びるがが、もう遅い。いったん口に出した言葉は取り返しがつかない。
■難しい小説だ。芥川龍之介の『藪の中』を思わせ、誰の言い分が正しいのか迷う。場面転換が目まぐるしく、言葉が先へ先へと飛んで、結末が見通せない。
■この小説の主題は何なのだろう。作者が何を訴えたいのか、よく理解できない。5人の少女と母親の関係が分かりにくい。3度読んでやっとその輪郭がはっきりした。
■話を創りすぎて、どこか現実離れしている。母親・麻子の罪は重く、弁明の余地はない。『火車』はミステリーとして秀逸だが、この作品は今一ついただけなかった。
■『告白』を読んでファンになった。この作品も同じ流れでストーリーが展開する。人間関係が複雑で、ノートに書きだし、整理して読んだ。やはり母親・麻子の一言が4人を不幸にした。言葉が相手を傷つけ、殺人にまで追い込んだ例である。
■加害者も被害者もみんな悪者で、現代社会の一断面を切り取っている。『告白』も読んだが、内容はほぼ一緒だ。
贖罪
スポンサーサイト



« | HOME |  »