You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月27日(水)芦屋・キャッスルウォール 平日クライミングを楽しもう!

朝はかなり冷え込んでいましたが岩場まで歩くうち一汗かきました。また、少し雨がぱらつきましたがすぐ止み、青空に変わりました。岩場は私達3人だけ・・・登れなかったところをできるまで練習してきました。

コース:芦屋川→高座の滝→キャッスルウォール→芦屋川
参加者:会員3名
(参加者のコメント)
本日は7回壁に取り付いて、3回だけ上まで行けました。後は途中で断念。最後上まで行けたときにはようやく回りを見渡す余裕がありました。爪先に全体重かけてじりじり上を目指します。岩場と違って、壁なので、手で掴める所があまりないのです。安定しない・・・。ロープで確保されてるんですが、少し恐怖感があります。落ちてもロープで止まるけど、何度かずり落ちました。体重のかけかたがまだまだイケテナイ。おかげで二の腕が筋肉痛。クライミングシューズはみっちりなので足も痛いです。
今日は周りの景色がとてもキレイでした。普通に登ってても見れる景色なのに、怖い思いしたからか普段より美しく感じられました。やっぱりスリルは必要なんでしょう。しばらくたったら怖い思いをころりと忘れて、また岩登りに行ってしまうのでしょう・・・。
s-asiya01.jpg s-asiya02.jpg
こんなところを、登ります・・・かわいいシューズを履いたNさん
s-asiya03.jpgs-asiya04.jpg 
ロワーダウン少し難しい所から取り付いたNさん
s-asiya05.jpg s-asiya06.jpg 
爪先に全体重かけてじりじり上を目指します確保も練習しました
スポンサーサイト

10月24日(日)摩耶山系杣谷コース+捜索救助訓練

例会グループは阪急六甲駅を8:30に出発(杣谷コース)、続いて、捜索隊グループは阪急六甲駅を9:00に出発しました(長峰山コース)。この2班が穂高湖で合流し、行方不明者2人の想定で模擬捜索訓練を行いました。事故が起きたときの応急手当や被災者搬出の大変さを体験しました。この日の捜索訓練はとても衝撃的、かつ参考になりました。これから学んでいくべき事項をたくさん示唆してくれました。訓練前のミニ講習では、三角巾はなぜ三角に切ってあるのかの質問に先輩から納得いく説明をいただきました。ありがとうございました。

コース:阪急六甲駅8:30→護国神社8:50→長峰堰堤9:25→杣谷峠10:50→穂高湖(昼食)→捜索訓練11:50~12:50→(往路経由)→長峰堰堤14:30→阪急六甲駅
参加者:会員19名 (会員10名+捜索隊9名)
sha001.jpgsha003.jpg
護国神社から長峰堰堤へ杣谷コースを登る
sha004.jpgsha005.jpg
杣谷川を数度渡渉する穂高湖畔のデッキで昼食
sha006.jpgsha007.jpg
【救助訓練】捜索隊が到着、本部会議を開く【救助訓練】捜索開始
sha008.jpgsha009.jpg
【救助訓練】遭難者を発見!応急処置【救助訓練】ロープで遭難者を救出
sha011.jpgsha012.jpg
【救助訓練】骨折遭難者を応急担架で搬送。重い!【救助訓練】捜索本部に遭難者を保護

10月23日(土)宝塚・蓬莱峡 岩登り 次のステップに進もうよ!!

今日はめずらしく人が少なく、いろんなルートで岩登りを楽しみました。

コース:宝塚→蓬莱峡→生瀬
参加者:会員7名
s-ho01.jpgs-ho02.jpg
トラバースの練習大屏風を登るTさん
s-ho03.jpgs-ho04.jpg
小屏風で懸垂下降の練習懸垂下降 ウーさん
s-ho05.jpgs-ho06.jpg
懸垂下降 テルさん懸垂下降 ヤマさん

10月10日(日) 岡山・星山1030m~櫃ヶ山954mピストン(例会下見)

11月28日予定の例会の下見に参加、天気は回復し快適でした。神戸から中国自動車道、米子自動車道を利用し、久世インターで下車、星山ビジターセンターの登山口に到着しました。星山まではおよそ1時間、広い山頂は絶好のビューポイントです。東に櫃ヶ山への稜線と岡山東部の山々が見えます。それから2時間半で櫃ヶ山に到着です。ここも絶好のビューポイント、北に蒜山高原も見えました。遠く大山は雲にかかっていて、わずかに裾野が見えました。

コース:星山登山口東入口9:20~星山~櫃ヶ山山頂~星山~16:00星山登山口東入口
参加者:会員5名
s-RIMG0041.jpgs-RIMG0044.jpg
櫃ヶ山と東の山々前山と星山の分岐、正面が星山
s-RIMG0050.jpgs-RIMG0057.jpg
 星山山頂の標識、櫃ヶ山まで180分北に蒜山高原、大山も少し見えました
s-RIMG0061.jpgs-RIMG0045.jpg
快適な尾根道花弁はセンブリのようです
s-RIMG0046.jpgs-RIMG0047.jpg
アキノキリンソウマツムシソウです
s-RIMG0055.jpgs-RIMG0059.jpg
フシグロセンノウですねガマズミの実
s-RIMG0060.jpgs-RIMG0065.jpg
ゴマナのように見えますカワラナデシコでしょう

10月7日(木)~11日(月) 早池峰山1917m・岩手山2038m・秋田駒ヶ岳1637m

北東北地方は神戸から遠くて、交通費もかさむのでなかなか行けません。今回は12時間かかる夜行バス(仙台まで)を往復利用して行ってきました。はるばる行ったにもかかわらず、天気まわりが悪くほとんどが霧の中だったのは、とっても残念でしたが、地元の郷土料理を食べ、趣のある温泉にも浸かれて、それはそれで楽しめた山旅でした。もちろん高山植物はほとんど終わっていましたが、紅葉はいい具合でガスの切れ間から錦秋を感じてきました。

コース:【10/8】仙台⇒新花巻・・・河原ノ坊~早池峰山~小田越・・・花巻⇒盛岡(泊)
【10/9】盛岡・・・網張温泉<<<犬倉山~不動平~岩手山~不動平~八合目避難小屋~馬返し・・・盛岡⇒田沢湖・・・田沢湖高原温泉(泊)
【10/10】田沢湖温泉・・・八合目~浄土平~秋田駒ヶ岳(男女岳)~浄土平~八合目・・・乳頭温泉鶴の湯・・・田沢湖⇒仙台
参加者:会員4名
s-005_20111024070134.jpgs-008_20111024070134.jpg
【10/8】早池峰山へはコメガモリ沢から登ります青空も覗いて黄色い岳樺(ダケカンバ)が映えます
s-013_20111024070134.jpgs-033.jpg
斜面の色とりどりの紅葉に思わず歓声広い早池峰山頂上の端に佇む山男3人
s-042.jpgs-044.jpg
【10/9】岩手山は終日霧の中黄葉も霞みます
s-045.jpgs-050_20111024070415.jpg
頂上手前で猛烈な風に会い進めませんでした霧の中を黙々と下ると突然視界が開けました
s-057.jpgs-058_20111024070415.jpg
【10/10】三日目、やっと田沢湖が見えました美しい秋田駒ヶ岳、のはずですが見えません
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。