You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回 平成22年2月25日 ウィンパー『アルプス登攀記』

たいへん、面白く読んだ。臨場感に溢れ、読んでいて足のすくむ箇所がいくつもあった。予想以上の面白さだった。
マッターホルンとの戦いを綴った記録だが、一人称で書かれた紀行文、或いは小説としても面白く読める。ところどころ冗漫な箇所もあるが(アルプスのトンネル、氷河の運動)。何回もの挑戦と挫折を繰り返し、遂に頂上を極めるエンディングは圧巻である。誰も考えなかった東壁に目を付けてよじ登り、頂上付近で北壁に乗り換えていっきにてっぺんに立つ件は、まさにコロンブスの卵で、呆気なささえ感じる。

①ウインパーは多才で、登山家であると同時に挿絵画家、地質学者、気象学者としての才能にも恵まれている。文才もあり、彼の文章と本文の挿し絵とで、読者はその場の情況が手に取るように理解できる。また、その地質学的蘊蓄が、彼の科学的登山技術の確かさを裏付けている。
②岩棚に角の先が引っかかり、そのまま宙づりになって死んでいるカモシカ上巻237ページ「哀れなカモシカは、顔を空に向けて舌を出し、まるで点に救いを求めているような格好で、宙にゆれていた」
③マッターホルンの雷鳴・上巻263ページ
「雷のごろごろという音が反響である、という証拠を確かめ得たこれは唯一の機会であった」
④マッターホルンの東壁は、正面から見れば垂直にちかい70度の傾斜を持っているように見えるが、実際は40度を超えてはいない。この事実を現地査察で確認したウインパーは「落とせる」、と確信した。上巻110ページ
⑤エンディングで、4人の滑落者のあとから二本の十字架が現れて雲に映った、とあるが、これはでき過ぎと思う。(O)
winpar.jpg

スポンサーサイト

2月21日(日)城崎・来日岳(567m)or城崎温泉観光

暖冬ということで雪のない来日岳を覚悟していたのですが頂上付近にはそこそこ雪があり、ちょっとだけ雪山の雰囲気を味わうことができました。アイゼンもワカンも付けることなく歩ける程度の雪山でした。
今日の例会は観光+カニツアー組と来日岳に登る組と1台のマイクロバスに乗って城崎まで行き、現地でそれぞれ分かれての行動、帰りはまた同じバスの乗って帰ってきました。このような取り組みは初めてのことでしたが参加者からは好評でした。

コース:後山キャンプ場駐車場→船木山→後山→船木山→駒の尾山→南の尾根→林道→後山キャンプ場駐車場
参加者:登山組17名、観光+カニツアー組7名 計24名

CIMG4841.jpg IMG4896.jpg 

途中、来日岳を見上げる

踏跡のない雪道は気持ちいい

IMG4907.jpg IMG4923.jpg 

頂上から見下ろす丸山川

林道を下る

2月14日(日)船木山~後山~駒の尾山 雪山ハイク・樹氷の下を歩く

岡山との県境、後山1345mへ雪山ハイキングに行ってきました。キャンプ場駐車場では雪がありませんでしたが、登山道はそれなりの雪、表題とおり樹氷の下を歩きました。風もなく周りの山々もよく見えました。

コース:後山キャンプ場駐車場→船木山→後山→船木山→駒の尾山→南の尾根→林道→後山キャンプ場駐車場
参加者:8名

 R0010899.jpg  R0010902.jpg

 船木山への登山道、雪が増えてきました

 船木山~後山の樹氷

 R0010903.jpg  R0010900.jpg

 船木山~後山の樹氷

 樹氷のトンネルを行く

 PICT0004.jpg  R0010906.jpg

 樹氷のトンネル

 船木山~後山へ

 R0010911.jpg  usiro006.jpg

 後山からの眺望

 船木山~駒ノ尾山の樹氷

 PICT0009_20100224200958.jpg  R0010913.jpg

 駒ノ尾山への登り

 駒ノ尾山頂から三室山を望む

2月13日(土)~14日(日)南八ヶ岳・赤岳主稜(自主山行)

自主山行で赤岳主稜ルートを登ってきました。この時期ならではの感動あふれる山行でした。トレーニングの成果も十分確認できました。
天気も良く素晴らしい眺めで、最高の一日でした。移り変わる天気予報を元に当初予定を1日遅らせて出発、主稜登攀日が日曜日になり予想通りの混雑、人が多くて順番待ちで身体が冷えて震えました。
前日は曇りでガスって後日は朝から小雪で天気は下る一方・・・。凍ついた岩と雪、そして凍つきそうな冷たい風のなか、自然の厳しさを体感しながらアイゼンとアックスを効かせての登攀を楽しむことができました。

コース:美濃戸口~赤岳鉱泉~文三郎尾根分岐~主稜登攀~赤岳~地蔵尾根
参加者:2名
 c-akatake006.jpg

c-akatake2055.jpg 

大同心と小同心が美しい

赤岳主稜取り付き

c-akatake2062.jpg c-akatake2065.jpg

1ピッチ目

中岳と阿弥陀岳

c-akatake2082.jpg 

 c-akatake2084.jpg

上部核心部へ迫る

左下凹角からリッジへ

c-akatake012.jpg c-akatake2105.jpg

赤岳頂上に立つ

赤岳天望荘と北峰を望む

« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。