You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月28日(日)大峰 南朝ロマンの小径・観音峯(1347㍍) みたらい渓谷にて

観音峯山頂は標高1347メートルと、あまり高くありませんが、観音峯展望台からの景色は、360度の大パノラマです。
s-R0010640.jpg  s-CIMG4229.jpg

あれが八経ヶ岳(観音峯展望台より)

ブナの新緑と苔蒸した岩のコラボレーション

jikita7.jpg 

s-CIMG4198.jpg

山頂はジキタリスの花が群生

ジキタリスの花

futari10.jpg 

s-CIMG4209.jpg

いたるところにフタリシズカが咲いていました

フタリシズカ

 ooyamarenge.jpg

  s-CIMG4217.jpg

八経ヶ岳のオオヤマレンゲは今回おあずけ

私ってキレイ?みんなに見つめられ思わず緊張! 


 メンバー総勢27名を乗せたバスは薄曇りの中、定刻午前7時ちょうどに三宮を出発した。午後は雨との天気予報もあり、まして大峰山系であれば当然“雨”であろうと全員が覚悟を決めているような表情であったが、逆にバスの中は明るい雰囲気であった。
途中、道の駅“大淀”で小休止し、いよいよ国道309号線を目的地へ向かった。

 天川村に入り、観音峯登山口駐車場から登山道への吊橋を渡り、いよいよ出発、午前10:30であった。コースはずっと登りが続き、やや単調なものであったが、途中あちこちに南北朝時代(14世紀)の南朝の歴史を刻んだ石板等の説明板があり、アクセントになった。雨は小降りで降ったり止んだりであったが、この頃には空も明るくなり日差しも出てきていた。

 11:50観音峯展望台到着、昼食後しばし休憩。付近は野草の繁茂地でもあり、ジキタリスの群生、フタリシズカ、しゃくやくなどがひっそりと佇む所でもあった。また、ここは360度の展望がきき、真東に少し雲をかぶった八経ヶ岳が聳えていた。観音峯山頂は更にこの奥にあり、約30分の登山行であった。

14;40吊橋を全員観音峯登山口駐車場に戻って下山。更にみたらい渓谷の遊歩道を散策。15:30洞川(どろがわ)温泉の広場でクールダウン。帰途についた。(K)
スポンサーサイト

6月28日(日)新緑の自然ハイキング 千刈ダムから光明寺と鏑射山(327m)にて

梅雨の合間ですが、天気が良すぎて暑い一日でした。

s-DSC00280.jpg 

s-DSC00282.jpg 

千苅ダム

暑いので泳ぎたい気持ち

 s-DSC00290.jpg

kaburaiji_03.jpg 

遠くに有馬富士が見えます

綺麗な鏑射寺三重の塔

 s-DSC00275.jpg

s-DSC00284.jpg

野いちごを食べてる人もいました

かわいい実がたくさん

コースタイム:JR道場9:30~千苅ダム10:30~光明寺10:50~展望台11:50~鏑射寺12:15(昼食)13:00~鏑射山13:15~JR道場14:00解散

 JR道場駅前に集合して、曇り空の下、本日のハイキングコースヘと出発した。途中道の脇に野いちごがたくさん実をつけていた。早速、野人のTさんが味見をする。千苅水源地の正門前で準備体操と自己紹介。千苅水源地は大正8年に完成した一大人造湖で、周辺は桜の名所で毎年桜祭りが開催されている。春に来るのもよさそうだ。

 堰堤の左の階段を登り湖面を眺めながら進むと谷筋に入る。ゴルフ場の真っ暗なトンネルを通るが、ここでは皆が持っているはずのヘッドランプは出さず、CLひとりの懐中電灯を頼りに進む。抜けると光明寺、ここにはJR福知山線事故の慰霊碑が祭られていた。皆、神妙に手を合わす。二度と起こって欲しくはないものだ。

 軽いアップダウンの後展望台へ。見晴らしは抜群だ。発展した三田市街地が一望できる。ここで昼食の予定だが途中から真夏並みの日差しにとても休憩どころではない。日陰を求めてさまよう一行。結局唯一日陰である鏑射寺の駐車場でとった長めの休憩を終え出発、まず鏑射寺、朱塗りの三重塔が輝いていた。その三重塔の横手から鏑射山を目指す。327m、ほどなく頂上へ、林の中で見通しは良くない。そこを降りて鏑射寺をひととおり見学してJR道場駅に向かう。予定の時間に駅へ着いた。初心者に近いビジターさんもいてゆっくり気味のハイキングではあったが、途中、真夏日和になり、今の時期にこの暑さは結構きつかった。 (H)

6月17日(水)アジサイと森守ボランティアにて

森林植物園にアジサイを見に行きましたが、見ごろには少し早かったようです。

CIMG4124.jpg CIMG4127.jpg 

クロヒメアジサイ

幻の花「シチダンカ」

CIMG4128.jpg CIMG4129.jpg 

そろそろブルーに染まろうとしているアジサイ

ブルーのアジサイ


コース:新神戸駅→トゥエンティークロス(ハイキング道の整備)⇒森林植物園→トゥエンティークロス→新神戸駅

 今回の森守ボランティアは、市ヶ原から天狗道の分岐の間の階段の補修と、トウェンティクロスから植物園東口に至るハイキング道の崩壊場所の修復作業を行いました。
 この日の階段補修箇所は特に段差が大きく、段差を少なくするため石を置き、階段の上り下りをしやすいようにしました。この日の女性陣の出番はもっぱらカードマン役で「はいっ!ハイカーが通ります」と交通整理?ならぬハイカーの誘導となりました。
 道の修復には資材の運搬が大変。分水嶺分岐から森林植物園東口の西500mの崩壊場所まで、資材の丸太、杭の運搬、そして修復作業と汗だくになりましたが、無事修復を終え、森林植物園のアジサイ見物に向かいました。
 森林植物園は通常は水曜日が定休日ですが、アジサイシーズンは定休日を返上して営業しており、入園料を払って入園(すこやかカード持参者2人以外)。園内はアジサイ見物客で賑わっていました。見頃には少し早く、アジサイの満開とはいきませんでしたが、アジサイの一種の森林植物園名物「シチダンカ」は満開で見物客の目を楽しませていました。(M)

6月14日(日)夏山登山教室  明神山にて

夏山登山教室のトレーニングとして明神山に行ってきました。明神山には、ABCDEと今回歩いた大明神コースがあります。大明神コースは一番長くてトレーニングにはピッタリのコースです。小さなアップダウンが幾度も出てくるし、頂上からのCコースの下りは「初心者には不向き」と書かれているほど岩の急降下が待っていました。全員慎重に通過し、怪我なく下山できました。

IMGP6623.jpg 目指す明神山、右は小明神


myoujin.jpg頂上で余裕の笑顔
s-kujira.jpgまるでクジラの背を歩いているようなクジラ岩

IMGP6659.jpg 農業公園が見えた!バスが待っている!


IMGP6662.jpg もうこんなに下りてきた。
参加者:22名
コース: 夢前夢のさと農業公園~大明神コース~明神山頂~Cコース~農業公園

« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。