You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回 平成21年3月12日 夏目漱石『坊っちゃん』

今回の課題図書は誰もが知っている青春ユーモア小説「坊っちゃん」。
この有名な小説を読むのは初めてではないと思うのだが、正直いって、ストーリーの記憶がなかった。思っていたよりも短いストーリーで、坊っちゃんが四国のある町に赴任していたのはわずか1ヶ月間の出来事である。1年ほど前に「三四郎」を読んだ。このときもストーリーの記憶はなかった。「我輩は猫である」についても怪しいものだ。
bottyan.jpg

さて、感想文を書かなければならない。今回の「坊っちゃん」を読んで、結局、自分の読書経験の少なさを再確認することとなった。中学、高校では読書とは程遠い環境だった。それでも中高生のころは「日本の文学(中央公論)」とかの全集が盛んで、4歳年上の姉がこれを予約購入していたので、谷崎潤一郎や島崎藤村やらいろいろ読んだ覚えがあるがはたして夏目漱石は読んでいないのではないかと思う。卒業してからもしかり、1冊の本に半年もかかるのがざらである。まあ、とりあえず本のある環境にいることが重要ということか。
漱石は「我輩は猫である」を書きながら、「坊っちゃん」をわずか20日足らずで書き上げたそうだ。「おれ」が、軽快にべらんめえ調でしゃべっている感じの筆致で、とにかく筆が進んでしかたがないという精神状態のようだ。
小説の中に「坊っちゃん」という言葉はほとんど出てこない。あくまでも「おれ」である。赴任地の人々も「坊っちゃん」といっているわけではないので、清から見た呼び名が「坊っちゃん」であるようだ。実際に最初の章では、清との関係が詳しく延々と書かれている。あとの言い回しをみても、「おれ」が清に愛情を持って話しかけているようだ。
スポンサーサイト

3月7日(土)セツブンソウ、アズマイチゲ、千年モミとの出会いを楽しもう!丹波・馬頭山~金山

追手神社の境内には立派な千年モミ、そばの民家の裏にはセツブンソウ、アズマイチゲ、ユキワリイチゲ、キクザキイチゲなど、山野草の可憐な姿を見ることができました。

IMGP6302.jpg 

CIMG3685.jpg 

セツブンソウ

ユキワリイチゲ

IMGP6300.jpg 

IMGP6304.jpg 

キクザキイチゲ

セリバオウレン

 oninokakehasi.jpg

CIMG3639.jpg 

鬼のかけ橋

追手神社の千年モミ 

コース:追手神社(10:15)→古坂峠(11:30)→鬼の架け橋(13:00)昼食(23:50)→金山山頂(14:00)→追手神社(14:30)

 冬と春のせめぎあいの早春の候、丹波篠山のスプリングエフェメラル(春のはかない命・春の妖精)を見に連れて行ってもらいました。神社の横の山裾に咲いているセツブンソウ、ユキワリイチゲ、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、セリバオウレンの群落は見事でした。ヒメリュウキン力、ネコノメソウ、フキノトウ、ウメなども春の到来を謳歌していました。

 花を見た後の山登りはSL推奨のバリエーションルートです。間伐材の倒木だらけの急登・ルートファインディングのとても面白いコースです。我が神戸中央山の会の熟年軍団はフィールドアスレティックだといって喜んでいます。道に迷っても全然悲壮感もなく「楽しい」「面白い」の連発で、すべてが冗談やユーモアにつながります。稜線や山頂がすぐ上に見えているので登山道が見つからなくても藪漕ぎで登ればいいのですが、そこはそれ、山岳会ですので地形図とコンパスでルートファインディングしながら、登山道をたどりながらの登山です。
 金山山頂はその昔、織田信長の命を受け丹波制圧にのりだした明智光秀が築城した城跡です。鬼の架け橋の上に登っておおはしゃぎする神戸中央山の会の熟年軍団はとても春の妖精には程遠いようです。でも笑いっぱなしで、その日一日でしわとナチュラルキラー細胞が増えました。
 解散後、オプションで今田町の薬師湯と「ゆる里」の美味しいおそばでまったりできました。(N)

3月4日(水)中山連山・梅見ハイクにて

中山寺の梅林では、甘い香りを漂わせたほぼ満開の梅を楽しみました。

image810.jpg CIMG3625.jpg

中山連峰

紅梅・白梅

CIMG3630.jpgCIMG3636.jpg

ピンクと白のミックスの八重の梅

一目何本でしょう?

 前日までぐずついた天気が続き、天候が心配であったが、降水確率が40~50%と高めだが、この時季、優しい春雨はむしろ歓迎だと「決行」のゴーサイン。案の定CLに気合負けしたのか降雨域は天気図なくなり、終日雨と出会うことはなかった。

 阪急山本駅に9時集合、ストレッチ後SLを先頭に全員元気一杯に(9:05)スタート。最明寺(9.25)を経て、眼前の岩場を前にして一息入れる(9:45)。
 岩場は前夜までの雨で濡れていて少し光っているが、合図とともにみな先を争うように登って行く。とにかく参加者全員元気がいい。15分ほどで岩場の終る鉄塔の下に辿り着く。岩場の難度は低いだろうが、CLが皆に十分な目配りをしてくれて心強かった。岩場登り中は私もマークされた一人だが、山の会にあっては何よりも「安全登山」「安全対策」優先であることを再確認できたのはこの上なく嬉しい。
尾根をつたって北西へ歩いて見晴らしのよい場所で小休止(10:50)、誰かが「向こう側に、武庫川がある」とすまして駄洒落をいう。
 中山最高峰に(11:40)到着、昼食となるが、強い北風が吹き上げてきてめっぽう寒い。そんなことで食事は15分ほどで終わり「早く動いたほうが暖かい」と最高峰を後にする。
 肌寒いこともあるが、今日の大きな目的でもある梅の花がもう間じかで、自ずと一行の足も速くなり、中山奥の院に(12:40)到着、全員で記念写真。そこから45分で中山寺梅林に(13:40)到着。白色や簿桃色の花が満開で「春が来てる、いい匂い!」。特に女性はうっとりとして笑顔で至極満足というところ。予定より少し早く阪急中山駅に全員無事到着(14:30)し解散。(M)

« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。