You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/24(水)森守ボランティア体験 № 8 ハイキング道補修 カエル橋 ~ 中橋

山の会では「森守ボランティア」として、快適なハイキングができるようトゥエンティクロスのハイキング道の整備を行っています。
今回、「森守ボランティア」の活動体験として、18名の参加で、カエル橋 ~ 中橋間のハイキング道補修を行いました。ハイキング道に水切りを設け、歩きにくい大小の石を掘り起こし、まさ土を敷き詰め、踏み固め、歩きやすい道にしました。
六甲山系は地理的に集中豪雨が発生しやすく、流れ込んだ雨水によりハイキング道の砂が流失、大きな石が露出し、ハイキング道がガレ場のようになってしまいます。降雨後は、こういったガレ場のようになった歩きにくい道が多くできます。

 image002_201609271141565bb.jpgimage001_201609271141555f2.jpg
大きな石がむき出しとなったハイキング道(補修前)石を撤去し、まさ土を入れ歩きやすくなりました(補修後)
image004_20160927114200346.jpgimage003_201609271141599fa.jpg
むき出しになった大きな石を撤去ハイキング道に長さ4.5mの水切り用丸太を埋め込む
image005_20160927114201f10.jpgimage006_20160927114239a94.jpg

丸太は重たく、作業には多くの人手が必要

26年に流された中橋の丸太をカッパ橋の下流で回収
スポンサーサイト

1/23(土)森守ボランティア トゥエンティクロス イノシシの死骸処理

六甲山系には約3000頭のイノシシが生存しているといわれています。
昨年末、山の会の森守ボランティア活動中、トゥエンティクロス・河童橋の近くのハイキング道横にイノシシの死骸を発見、ハイカーの目につき、放置することができないことから神戸市に要請、20日間以上かかりましたが、無事処理していただけました。
 image001_20160128113607a1a.jpg image002_20160128113609ff3.jpg
トゥエンティクロス・河童橋近くにのイノシシの死骸トゥエンティクロス・河童橋近くにのイノシシの死骸
 image004_20160128113611875.jpg image003_20160128113610743.jpg
神戸市に依頼、委託業者の方でイノシシ遺体の運搬神戸市に依頼、委託業者の方でイノシシ遺体の運搬

12/1(火)森守ボランティア トゥエンティクロスに新名所・河童橋誕生

かつて飛び石で渡渉していたトゥエンティクロスは昨年から今年にかけての相次ぐ台風による豪雨で河川は氾濫。土砂に埋まったり、流出するなど、飛び石は跡形もなく消え、渡渉困難となりました。
特に2014年の台風10号、11号は50年に一度の集中豪雨をもたらし、六甲山系の登山道は至る所に土砂崩れが生じ、かってない大荒れとなりました。トゥエンティクロス沿いの景色も一変し、余りの変貌に驚愕の声を上げるハイカーが続出しました。
           
当会の「森守ボランティア」では、飛び石の流失個所4か所に橋を設置してきました。
東から植物園東口の「東口橋」。中間に位置する「中橋」。あじさい広場の下に当たることから「あじさい広場下橋」。地蔵谷分岐に架かる「地蔵谷橋」とそれぞれに橋名をつけ命名してきました。
中でもあじさい広場下橋は全長25mに達し、周辺の景色とマッチする光景はハイカーの足を停め、「上高地の河童橋みたいや」と囁くハイカーが後を絶たないほど人気が高まり、いつしか「河童橋」と呼ばれるようになりました。
 image001_20151207160749828.jpg
中央パワーで大木を運ぶ

また橋をバックに写真を撮るハイカ-も結構多く、この度「河童橋」の看板を取り付け、改めて「河童橋」と命名。トゥエンティクロスに新しい名所が誕生しました。
橋作りは多くの労力を要します。今回の「河童橋」も木の伐採、橋脚の穴掘り、橋梁となる大きな木を対岸に渡すなど、山の会の総力を結集して完成しました。今後ますます市民、ハイカーに愛され、親しまれる「橋」として定着して欲しいものです。
 image003_20151207160752425.jpgimage002_20151207160750024.jpg
 増水時の河童橋河童橋で寛ぐハイカー

11/1(日)森守ボランティア 神戸中央山の会パワーでハイキング道を補修

2014年に続き2015年7月の台風11号はトゥエンテイクロス沿いのハイキング道にも大きな爪痕を残しました。
集中豪雨で石ころ道に化し、歩行困難となりましたが、11/1(日)のクリーンハイク時に神戸中央山の会パワーを結集、土運びに土のうをリレーするなどハイカーに喜ばれる歩き易い道になりました。
image001_20151207154310dc3.jpgimage002_20151207154311804.jpg
荒れたハイキング道すべて人力作業です
image003.jpgimage004.jpg
ハイキング道の補修人海戦術です
image005.jpgimage006.jpg
息の合った神戸中央パワーで荒れた道を修復全員で懸命の作業
image007.jpgimage008.jpg
トゥエンテイクロスは人気のコース豪雨の後の補修は欠かせません

6月28日(木)30周年記念アジサイロード花開く!

2010年4月、神戸中央山の会創立30周年を記念して、分水嶺分岐にアジサイの苗50本を植え、ここをアジサイロードと命名。あれから2年、今年は見事に開花しました。
トゥエンティクロス分水嶺分岐の急な階段を、息を弾ませ登ると、眺望の開けた広場があります。ここはハイカーの絶好の休憩箇所。広場に咲いたアジサイはハイカーの一服の清涼剤となりました。(MO)

image001.jpg 
(2010年4月クリーンハイク者全員で植樹)

image002.jpg 
(2012年6月下旬開花したアジサイの花)

12月4日(日)森守ボランティア・1年間の活躍!

森守ボランティアは今年も草刈、道補修、階段作り、橋作りと活躍しました。集中豪雨で荒れたハイキング道も総力を結集、修復しました。
草刈は市ケ原から桜谷分岐までの区間を数回に分けて行いました。
黄連谷分岐手前の徳川道は集中豪雨の度に道が川に。12/4クリーンハイクで神戸中央山の会の総力を結集。リレーで土嚢を運んでチームワーク、修復しました。
s-image001.jpgs-image003_20120730165323.jpg
草刈作業草刈後のアジサイ
s-image005.jpgs-image007_20120730165321.jpg
植物園東口の橋作りトウェンティクロスでの橋作り
s-image009_20120730165321.jpgs-image011_20120730165320.jpg
黄連谷分岐手前の徳川道土嚢を運んで修復

6月6日(日)クリーンハイク 新神戸~桜谷道~摩耶山

5月2日(日)クリーンハイク 新神戸~桜谷道~摩耶山

ゴールデンウィーク真っ最中でもクリーンハイクはあります。今日は五月晴れの気持ちのいい山登りで、参加者の表情もすがすがしく、新緑も目に新鮮で、たっぷり森林浴を楽しみました。参加者は準備体操の時点では42名という報告がありました。その後の参加者もあったのでもう少し多くなるのかな?
今回、六甲山は初めて登るという来日3年目のイギリス人男性も参加されました。同時参加の外国歴22年のビジターさんが通訳しながら歩きました。
先月に続いて今回も森守ボランティアとして前回アジサイを植えたところに水遣りを行い、また別の場所に多くのアジサイを植えました。
森林植物園下で昼食の後、ヒヤリハットの講座、そのあとAコース(摩耶山)、Bコース(下山)に分かれ目的地を目指しました。下山組は4人でした。

コース:新神戸→市ケ原→トゥエンティクロス→植物園下(昼食)→桜谷道→摩耶山→上野道(解散)
参加者:43名+α
s-050201.jpgs-050202.jpg
JR新神戸駅すぐ北の杖の売店五月晴れの見晴台
s-050204.jpg
この花きれい、観てー垂直に歩かないと落ちそう
s-050205.jpgs-050206.jpg
トゥェンティクロス・トゥ川に落ちないように慎重に
s-050207.jpgs-050208.jpg
アジサイの苗木、そっと優しくトゥェンティクロス・フォー
s-050209.jpgs-050210.jpg
緑陰の中で昼食は格別にうまい!昼食後のヒヤリハット講座
« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。