You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月20日(火)~21日(水)奥美濃・芦倉山(1716.7m) 奥美濃の静かな雪山に抱かれる

昨年登った野伏ヶ岳と石徹白川を挟んで東に聳える芦倉山に行きました。ほとんど会う人のない静かな山行を楽しみました。展望はよくありませんでしたが、頂上からは別山方面が少しの間みえました。
【3/20】西神7:00⇒白山中居神社12:30→保川林道12:50→芦倉山南西尾根P1221地点15:40(幕営)
【3/21】起床4:00→出発6:05→芦倉山頂上8:30→幕営地9:50→テント撤収
10:55→保川林道12:30⇒満点の湯14:30⇒帰宅19:00
CIMG4112.jpgCIMG4137.jpg
スタート地点日の出
CIMG4152.jpgCIMG4153.jpg
頂上から別山方面をみる芦倉山頂上
CIMG4179.jpg
野伏方面

スポンサーサイト

2月12日(土)兵庫50山 生野・雪の段ヶ峰 フトウガ峰で撤退

当日は予報によると午後から下り坂。行ける所までで引き返す予定で登山開始。達磨ヶ峰までの急坂を一気に上り、後はそこそこ緩やかな登りが続きます。フトウガ峰直前で一瞬晴れ間が見え、真っ白になった高原と雪まみれになった木々、青い空とのコントラストがとてもキレイです。 次第に雲行きが怪しくなり、大粒の雪が降ってきました。風も中々強いし大変。そのまま下山、駐車場に辿り着く直前は大雪になってました。段ヶ峰までは行けなかったけど、フトウガ峰の山頂は高原が雪に覆われていて、とてもキレイでした。美しい景色が見れて充実した山行でした。

コース:登山口→達磨ヶ峰→フトウガ峰で引き返す。天候悪化で段ヶ峰までは行けませんでした。
参加者:会員3名
s-no01.jpgs-no03.jpg
さあ、行きましょう
s-no04.jpgs-no05.jpg
s-no06.jpgs-no07.jpg 
s-no08.jpgs-no09.jpg
s-no10.jpg s-no11.jpg
フトウガ峰直前でちらっと晴れたんですが午後から荒れ模様
s-no12.jpgs-no13.jpg
フトウガ峰で下山決定
s-no14.jpg s-no15.jpg 

2月11日(金・祝)裏六甲・有馬四十八滝 凍結巡り

この日強い冬型の気圧配置となり、神戸では市街地でもうっすらと雪化粧がみられました。有馬温泉の市街地を抜け紅葉谷道に入っていくと、登山道は積雪10cmの雪で真っ白です。七曲滝は、中央部分を除き氷結していて素晴らしい眺めです。氷柱が鍾乳洞のようにきれいに見えました。紅葉谷道に戻り、百間滝・似位滝・白石滝を経由して六甲山上の極楽茶屋跡を目指します。六甲山上では、1等三角点の雪を払って挨拶し、雪の最高峰で記念撮影、下山は、一軒茶屋から風吹岩経由で阪急芦屋川駅へ。この下山路が長く、とても疲れました。

コース:9:00有馬→滝巡り→11:30~55白石谷出合→紅葉谷→12:55極楽茶屋跡→13:45六甲最高峰→15:40風吹岩→16:45芦屋川
参加者:会員8名
s-bu02.jpgs-bu06.jpg
雪の紅葉谷道七曲滝は氷結していました
s-bu10.jpgs-bu12.jpg
蟇(がま)滝百間滝の落ち口
s-bu13.jpgs-bu16.jpg
百間滝似位滝
s-bu18.jpgs-bu19.jpg
屏風滝紅葉谷道
s-bu20.jpgs-bu25.jpg
霧氷雪の風紋

3月28日(日)布引の滝~洞川梅林~市章山 梅見ハイク

今日は暖かいハイキング日和。新神戸駅から布引の滝、再度公園(修法ヶ原池)を巡り、洞川梅林でゆっくりお昼を食べ、帰りは再度山頂を通って大龍寺でぼけ封じを祈り、諏訪山公園に下ってきました。この後、3時から元町で反省会、5時前にはお開きとなりました。健康的な一日でした。
その昔、弘法大師が唐に渡る前に一度来て、帰国して再度来たので再度山(ふたたびやま)というそうです。

コース:新神戸駅→桜茶屋→再度公園→洞川梅林→大龍寺→市章山→諏訪山公園
参加者:会員14名、ビジター7名 計21名
s-R0011011.jpgs-R0011016.jpg
布引の滝は水量豊富で元気いっぱい春の布引貯水池
s-R0011022.jpgs-R0011029.jpg
再度公園(修法ヶ原池)のたたずまいウメはもう遅いようです
s-R0011030.jpgs-R0011054.jpg
タムシバも咲いていましたサクラ咲く諏訪山公園へ

3月14日(日)武田尾~大峰山~中山寺 廃線跡から中山寺梅林コース

春めいた気温に誘われて武田尾から大峰山、中山連山に登り中山梅林に下りましたが、この日の中山の最高峰は一杯で梢をかきわけて坐るほど、混雑の中の昼食となりました。また中山梅林の梅は春の訪れを待ちわびて咲き誇っていました。

コース:JR武田尾~桜の園~大峰山~中山山頂~中山寺奥の院~中山寺梅林~阪急中山駅
参加者:会員17名
s-IMG_0997.jpgs-IMG_1014.jpg
ヘッドランプとトンネル奥の院から参詣道を下る
s-IMG_1023.jpgs-IMG_1002.jpg
八重咲きの紅梅ミツバツツジも咲いていました

3月13日(日)雪山ハイキング講座:修了山行 鳥取、岡山県境の山・那岐山(1240m)

3日前の大雪で再び雪山になった那岐山に登ってきました。その後の高温でかなり雪が融けシャーベット状でしたが、山頂一帯はまだ膝くらいまで雪があり、雪上ハイキングを楽しんできました。

コース:蛇淵の滝登山口~大神岩~那岐山頂上~蛇淵の滝登山口   参加者:会員6名

 024.jpg030_20100320161540.jpg 

Cコース・Bコースの分岐点、距離表示は違っています

ガスも晴れて山頂が目の前に

 033.jpg 034_20100320161539.jpg

振り返るとトイレのある休憩舎

滝山・爪が城への縦走路

 038.jpg 042.jpg

冬枯れの木はドウダンツツジ、咲く頃に来て見たい

橋を渡れば登山口は近い

PICT0003_20100320162435.jpg PICT0004_20100320162435.jpg 
  

2月21日(日)城崎・来日岳(567m)or城崎温泉観光

暖冬ということで雪のない来日岳を覚悟していたのですが頂上付近にはそこそこ雪があり、ちょっとだけ雪山の雰囲気を味わうことができました。アイゼンもワカンも付けることなく歩ける程度の雪山でした。
今日の例会は観光+カニツアー組と来日岳に登る組と1台のマイクロバスに乗って城崎まで行き、現地でそれぞれ分かれての行動、帰りはまた同じバスの乗って帰ってきました。このような取り組みは初めてのことでしたが参加者からは好評でした。

コース:後山キャンプ場駐車場→船木山→後山→船木山→駒の尾山→南の尾根→林道→後山キャンプ場駐車場
参加者:登山組17名、観光+カニツアー組7名 計24名

CIMG4841.jpg IMG4896.jpg 

途中、来日岳を見上げる

踏跡のない雪道は気持ちいい

IMG4907.jpg IMG4923.jpg 

頂上から見下ろす丸山川

林道を下る

2月14日(日)船木山~後山~駒の尾山 雪山ハイク・樹氷の下を歩く

岡山との県境、後山1345mへ雪山ハイキングに行ってきました。キャンプ場駐車場では雪がありませんでしたが、登山道はそれなりの雪、表題とおり樹氷の下を歩きました。風もなく周りの山々もよく見えました。

コース:後山キャンプ場駐車場→船木山→後山→船木山→駒の尾山→南の尾根→林道→後山キャンプ場駐車場
参加者:8名

 R0010899.jpg  R0010902.jpg

 船木山への登山道、雪が増えてきました

 船木山~後山の樹氷

 R0010903.jpg  R0010900.jpg

 船木山~後山の樹氷

 樹氷のトンネルを行く

 PICT0004.jpg  R0010906.jpg

 樹氷のトンネル

 船木山~後山へ

 R0010911.jpg  usiro006.jpg

 後山からの眺望

 船木山~駒ノ尾山の樹氷

 PICT0009_20100224200958.jpg  R0010913.jpg

 駒ノ尾山への登り

 駒ノ尾山頂から三室山を望む

1月23日(土)~24日(日)氷ノ山・テント泊(1510m) 雪山トレーニング

初日は雪もちらつきましたが晴れ間の多いなか、雪上でのテント設営の基本、東尾根へのルート確認を兼ねたワカン歩行の練習、雪崩予測のための弱層ハンドテストと埋没者のビーコン・ドンデ捜索、掘り出し救出、そしてツエルト利用による半雪洞構築とビバークの仕方、夜のテント内生活でのアルコール飲料の楽しいたしなみ方?など等、盛りだくさんの勉強会でした。
2日目は移動性高気圧のど真ん中に入ったのか快晴、風おだやか、兵庫の女王《氷ノ山》を東尾根から登頂しました。冬はいつもヒステリックな女王ですが、きょうの女王は2mの厚化粧でにこやかに微笑み、歓迎してくださいました。「やっぱり女王はベッピンやな!」とオベンチャラを並べ、ご挨拶してきました。しかしオベンチャラを悟られたのか、神大千本杉ヒュッテから東尾根へのルートで少しだけ女王のご機嫌がななめになり、冷や汗をかき、みんなで深く深くハンセイ。無事にテントを撤収、下山。

コース:東尾根コース
参加者:会員5名
 c-IMG_0007.jpg c-IMG_0087.jpg
 23日、テンバへの道《つぼ足ではチトこたえます》 24日、雑木の東尾根下部を登る
 c-IMG_0090.jpg c-IMG_0095.jpg
 気持ちよいブナ林の尾根 オアシスを行く
 c-IMG_0100.jpg c-IMG_0105.jpg
 千本杉を行く 樹氷の古千本
 c-IMG_0114.jpg c-IMG_0126.jpg
 頂上を後に下山開始 兵庫の女王《氷ノ山》の怒りトラバース
 c-IMG_0130.jpg c-IMG_0138.jpg
 東尾根を下降 無事テンバ着、ごくろうさん

3月7日(土)セツブンソウ、アズマイチゲ、千年モミとの出会いを楽しもう!丹波・馬頭山~金山

追手神社の境内には立派な千年モミ、そばの民家の裏にはセツブンソウ、アズマイチゲ、ユキワリイチゲ、キクザキイチゲなど、山野草の可憐な姿を見ることができました。

IMGP6302.jpg 

CIMG3685.jpg 

セツブンソウ

ユキワリイチゲ

IMGP6300.jpg 

IMGP6304.jpg 

キクザキイチゲ

セリバオウレン

 oninokakehasi.jpg

CIMG3639.jpg 

鬼のかけ橋

追手神社の千年モミ 

コース:追手神社(10:15)→古坂峠(11:30)→鬼の架け橋(13:00)昼食(23:50)→金山山頂(14:00)→追手神社(14:30)

 冬と春のせめぎあいの早春の候、丹波篠山のスプリングエフェメラル(春のはかない命・春の妖精)を見に連れて行ってもらいました。神社の横の山裾に咲いているセツブンソウ、ユキワリイチゲ、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、セリバオウレンの群落は見事でした。ヒメリュウキン力、ネコノメソウ、フキノトウ、ウメなども春の到来を謳歌していました。

 花を見た後の山登りはSL推奨のバリエーションルートです。間伐材の倒木だらけの急登・ルートファインディングのとても面白いコースです。我が神戸中央山の会の熟年軍団はフィールドアスレティックだといって喜んでいます。道に迷っても全然悲壮感もなく「楽しい」「面白い」の連発で、すべてが冗談やユーモアにつながります。稜線や山頂がすぐ上に見えているので登山道が見つからなくても藪漕ぎで登ればいいのですが、そこはそれ、山岳会ですので地形図とコンパスでルートファインディングしながら、登山道をたどりながらの登山です。
 金山山頂はその昔、織田信長の命を受け丹波制圧にのりだした明智光秀が築城した城跡です。鬼の架け橋の上に登っておおはしゃぎする神戸中央山の会の熟年軍団はとても春の妖精には程遠いようです。でも笑いっぱなしで、その日一日でしわとナチュラルキラー細胞が増えました。
 解散後、オプションで今田町の薬師湯と「ゆる里」の美味しいおそばでまったりできました。(N)

« | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。