You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

7月31日(土)赤目四十八滝 日本滝100選の赤目滝で森林浴を楽しもう

酷暑でしたが、滝に着くとひんやりとしたマイナスイオンいっぱいでした。イワタバコが沢山咲いていて、参加の皆さんから歓声があがりました。

コース:近鉄鶴橋駅⇒近鉄赤目口駅→赤目滝→百畳岩→荷担滝→赤目滝バス停⇒近鉄赤目口駅⇒近鉄鶴橋駅
参加者:会員7名
088.jpg 110.jpg
イワタバコ咲いていました避暑にぴったりの場所ですね
 107.jpg 098.jpg
登りが結構あります担滝
 099.jpgmap.jpg
不動滝赤目四十八滝全図
スポンサーサイト

7月19日(月・祝)六甲山系・杣谷~摩耶山~地蔵谷 涼しく谷筋を歩く

梅雨明けしたと思ったら、一気に真夏になりました。阪急六甲駅から護国神社へ向かい、ここでストレッチとコース説明、「谷筋を涼しく歩こう」ということで、夏向きのコースを設定していただいていた。杣谷(カスケードバレイ)では堰堤の表面に水が流れていてしぶきも飛び散り、とても涼しげ。杣谷峠へ出て穂高湖に到着、ここで昼食、ここから摩耶山へ、途中の奥摩耶ドライブウェイ沿いにはまだアジサイの花がまだ健在、今年は開花時期が遅かったようです。摩耶山からアドベンチャールートを通って、地蔵谷へ、途中鎖場もありさすがにアドベンチャールートというだけはある。地蔵谷ではまだ渡渉箇所の水量が多く、慎重に渡る。地蔵谷出合から新神戸まではいつものクリーンハイクのコース、いつも登っているコースも、下れば雰囲気が違う。最後新神戸駅北側広場でストレッチを行い解散。

コース:阪急六甲駅→護国神社→杣谷→穂高湖(昼食)→摩耶山→地蔵谷→桜茶屋→JR新神戸駅
参加者:会員24名、ビジター10名
RIMG0337.jpgRIMG0339.jpg
長峰堰堤の広場で休憩涼しげなカスケード
RIMG0357.jpg RIMG0352.jpg
奥摩耶ドライブウェイ沿いのアジサイ穂高湖のデッキで昼食
RIMG0358.jpg  RIMG0360.jpg
掬星台の看板明石海峡大橋も見えます
RIMG0351.jpgIMG_2074.jpg 
杣谷峠のアジサイ杣谷のアジサイ

7月16日(金)~20日(火)尾瀬・至仏山・燧ヶ岳 一周 尾瀬のすべてを知り尽くす山旅

出発と同時に梅雨明けとなり、さわやかな風を感じながら、尾瀬のハイキングコースから登山コースまで人気コースもそうでないコースもすべて歩いてきました。梅雨直後のため湧水が豊富で、充分補給できました。その代わり、木道は濡れて滑ること度々、登山道は泥沼化してとっても歩きにくかったです。お目当ての花は全般に遅れていて、蕾が多くちょっと残念でしたが、それでもたくさんの種類の花をみてきました。それに、尾瀬から富士山が見えて一同感動しました。一日目7時間半、二日目11時間半、三日目6時間、歩くことにも堪能した三日間でした。

s-007_20100919095416.jpgs-047.jpg
尾瀬の入口、鳩待峠小至仏山から至仏山が目の前に見える
s-092.jpgs-123_20100919095415.jpg
尾瀬ヶ原の木道を燧ヶ岳に向かって直歩き御池に向かって木道をひたすら歩く
s-138.jpgs-146.jpg
池塘に映る夏空ワタスゲが美しい熊沢田代
s-162.jpgs-180.jpg
ニッコウキスゲの大江湿原に到着尾瀬沼に映る燧ヶ岳
s-186.jpgs-195.jpg
ワタスゲと燧ヶ岳アヤメ平から至仏山を望む
s-197_20100919092356.jpgs-f017.jpg
至仏山に向かいひたすら下って鳩待峠に戻ったモミジカラマツ
s-f024.jpg s-f030.jpg 
タテヤマリンドウヨツバシオガマ
s-f037.jpgs-f042_20100919092627.jpg
シナノキンバイとハクサンイチゲミネウスユキソウ
s-f049.jpgs-f050.jpg
ホソバツメクサホソバヒナウスユキソウとイブキジャコウソウ
s-f054_20100919092627.jpgs-f057.jpg
タカネシュロソウタカネバラ
s-f059.jpgs-f061.jpg
タカネシオガマとイブキジャコウソウと
ホソバヒナウスユキソウ
ハクサンシャクナゲ
s-f062.jpg s-f068.jpg 
ハクサンチドリカキツバタ
s-f079.jpgs-f083.jpg 
ヒツジグサトキソウ
s-f119.jpg s-f134.jpg 
キンコウカサワラン
s-f166.jpgs-f174.jpg
ヒメサユリニッコウキスゲと燧が岳
コース:7/17 鳩待峠~至仏山~鳩待峠~山の鼻~竜宮十字路~下田代十字路(第二長蔵小屋泊)
7/18 小屋~温泉小屋~平滑ノ滝~三条ノ滝~御池~熊沢田代~俎ぐら~柴安ぐら~ミノブチ岳~浅湖湿原(長蔵小屋泊)
7/19 小屋~三平下~南岸分岐~大清水平~皿伏山~白尾山~富士見小屋~アヤメ平~横田代~鳩待峠
参加者:会員6名

7月4日(日)クリーンハイク アジサイずくめの六甲山

先日来の雨でトェンティクロスはかなり増水、渡れない箇所がありそうです。予定のコースは無理のようで、とりあえずいつも昼食をしている神戸市立森林植物園横の広場まで行くことに。川を1箇所渡り分水嶺分岐の広場までは着きまたが、これから先はルートを変更し、高雄山管理道路を通って神戸市立森林植物園東入口へ到着、ここでも川はすごい水量で、上流の木橋まで遠回りして昼食の広場へ。
昼食後、いつもの摩耶山への桜谷道コースはあきらめ、元町方面へ下ることに、数名は分かれてアジサイ見物のため森林植物園に向かいました。
s-RIMG0291.jpgs-RIMG0294.jpg
新神戸駅北側の広場でミーティング布引の滝、雌滝
s-RIMG0295.jpgs-RIMG0302.jpg
布引の滝、雄滝五本松隠れ滝はすごい水量
s-RIMG0292.jpgs-RIMG0300.jpg
布引の滝のアジサイ布引の滝のアジサイ
s-RIMG0299.jpgs-RIMG0293.jpg
ハイキング道沿いのアジサイハイキング道沿いのアジサイ
s-RIMG0297.jpgs-RIMG0303.jpg
七夕の笹飾り、展望広場で今日の布引貯水池
s-RIMG0320.jpgs-RIMG0319.jpg
グループから別れ、神戸市立森林植物園へ青いヒメアジサイ 森林植物園
s-RIMG0310.jpgs-RIMG0317.jpg
ヒメアジサイ 森林植物園ヒメアジサイ 森林植物園
s-RIMG0312.jpgs-RIMG0314.jpg
ヒメアジサイ 森林植物園シチダンカ(ヤマアジサイ) 森林植物園

コース:新神戸→市ケ原→トゥエンティクロス→植物園下(昼食)→下山(解散)
参加者:会員31名、ビジター4名

9月22日(火)金剛山(1125m) ダイトレを歩こう!

山頂までの道がすごく急な登りで、体力の半分以上をを使ったかも知れない...。
今回は予定の紀見峠までは時間の関係で歩けませんでしたので、次回再チャレンジということにしたい。

04.jpg s-DSC00490.jpg 

やっと山頂に到着

紀見峠まで歩けませんでした

s-DSC00483.jpg s-DSC00491.jpg 

金剛山に咲いてた花

金剛山に咲いてた花


コース:河内長野8:45→金剛山登山口9:30→金剛山(金剛寺)11:40→ピクニック広場(昼食)12:20→千早峠13:50→ロープウエイ前14:45→河内長野15:30
参加者:9名

 本日の参加者は男性4人女性5人、山の会を代表する美人揃いとなった。気楽に楽しみながらの山行きかと思っていたが、すぐに甘い考えと判明した。
 スタートから本道へは入らずいきなり脇道へ入る。途中より仰角30°~45°位の細道(けもの道?)への急登となる。SLを先頭にどんどん登って行き、当方たまらず「ストップ!」と声をかけること2回。高低差600mをなんと40分で一気に駆け登る。途中でこれは美人軍団による新入会員へのシゴキ?と気づく。またベテラン男性も暗黙で加担しているのかと疑う。
 昼食後、帰路はダイヤモンドトレールの峠道を走破。途中、スギやヒノキの林道が続き、紅葉時には素晴らしいだろうと思われる山もあり、奈良盆地が一望できる個所もあった。晴天時には壮観であろう。ともあれ心配された雨にも遇わず全員無事下山した。
 今回は健脚女性パワーに敬服し、息も切らさず登るベテラン男性にもさすがと思わされた。またのシゴキを楽しみにしたい!(S)

9月20日(日)360°見渡せる秀麗峰 東播磨・千ヶ峰(1005m)

今日はいい天気。360°の眺望、天空の回廊・多可郡多可町の千ヶ峰に行って来ました。
岩座神の棚田を通って三谷登山口に到着。登山口から山上まで100分程度の急登。山頂から市原峠まではなだらかな下り道。
下山後、天然温泉春蘭荘で疲れを癒し、427号沿いのアイスクリームショップで、自家製のアイスクリームも楽しみました。

s-IMGP1005.jpg s-IMGP0984.jpg 

三谷登山口にて

三谷コースを登る

s-IMGP0990.jpg s-IMGP0993.jpg 

千ヶ峰山頂

南に飯森山、笠形山

s-IMGP0997.jpg s-IMGP0998.jpg 

多可町を通る国道427号

北に続く山々

s-IMGP1002.jpg s-IMGP1004.jpg 

市原峠へ下る

北側から見た千ヶ峰、カリアゲ君みたい


コース:三谷登山口(駐車場)9:50着 11:05出発→雌滝・雄滝11:15→岩座神道出会11:50→千ガ峰山頂12:15(昼食)12:45出発→市原峠13:30着(駐車場)

参加者:5名

 神戸から約2時間半で三谷登山口に到着。市原下山口に車を回す間にストレッチ及び他の登山者とコミュニケーションを図る。登山口の駐車場には神戸ナンバーが9台、姫路ナンバー5台、練馬ナンバー1台と、この山の関心が高いことが分かる。他の登山者と話しているとピストンでなく他の下山口に降りたい希望者大で、私どもの会のやり方を教えPRに努める。
 全員がそろい天空を歩く仙人谷コースに向い出発。途中雌滝・雄滝を見ながら谷沿いを歩く、リーダーが今頃はキキョウが咲いているといわれたが凡人には見つけることできずじまい。クリの木が多々あるが小粒、今日はメンバーが少ないせいか歩く速度も速く、特に岩座神道出会を過ぎると登りも急でNさんには少しきつかった様子。
 山頂は今回は360度の展望、私自身最近の山行では頂上では霧で真白が多かったせいか、感動しました。昼食後下山すると市原峠に車がありびっくり、峠まで林道ができており歩く距離が半分以下になっていました。今回は、山はいいのだがハイキングとしては少し物足りなかった。次回のコース選定は再検討してほしいものだ。(I)

9月19日(土)摩耶山(地蔵谷~行者尾根)<残暑厳しいけどゆっくり歩こう>

残暑厳しいとはいえ、秋晴れの明るい日差しと涼しい風の中、アドベンチャーコースと行者尾根の二つの魅力いっぱいのコースを堪能してきました。

s-IMG_0035.jpg 

s-IMG_0039.jpg 

まずは布引女滝を眺め

続いて男滝 水量も申し分なし

s-IMG_0086.jpg 

 

行者尾根を下る 眼下には神戸港

 

参加者:会員11名、ビジター3名、計14名
コース:JR新神戸駅9;00→(布引経由)桜茶屋10:00→地蔵谷分岐10:30→(地蔵谷)アドヘンチャーコース分岐11;45→(アドベンチャーコース)摩耶山(昼食)12:20、12:50→山頂13:20→(天狗道、行者尾根)行者堂14:30→青谷15:10

 過去2回、雨天のためデビューが延期になったWさんのCLデビューに13名が集まった。今回は雨の心配もなく、晴れ晴れとCLデビューのスタートを切った。久しぶりに布引の滝を経由して布引貯水ダムへ。ここで高価な巨峰を最初に頂いた。今が旬の巨峰の甘さは格別です。
 地蔵谷コースは、木々に覆われた涼しいコースで、時々木洩れ日がさす光景は静けさと落ち着きを与えてくれます。この地蔵谷コースに最初に来たのは、今夏ジャンダルムを征したMさんが、2年前の9月にCLデビューしたときで、そのときも私が記録係でした。(ここで2回目の巨峰を頂く)
 今回はSLの配慮で、アドベンチャーコースを抜けて、黒岩尾根、山頂へと進んだ。途中SLは大好きな蛇に2回出会ったらしく、後のメンバーをほったらかして逃げるように、どんどんスピードを上げて掬星台へまっしぐら。(ここで3回目の巨峰を頂く)
 下山ルートの行者尾根コースは変化に富んだコースで、私の後にいたUさんは足の長さとステップの高さの相性がなかなか合わないようで、ぼやいたり嘆いたり。やっとの思いで行者堂へ下山。(ここで本日4回目の巨峰を頂いた、1年分の食いだめ完了)
 下戸(げこ)も上戸も全員がCLデビューを祝うため、元町のゴールデンタイムに集結し、巨峰とは一味違う泡と皿・椀物に舌鼓、そして楽しく懺悔と反省と歓談。(M.T)

9月13日(日)田舎道をのんびり歩こう! しあわせの村~藍那~箕谷

都会の喧騒を離れ一歩郊外に足を運ぶと、すっかり秋景色。一足早く秋を体感しました。

simage003.jpg  s-image007.jpg 

畦道に並んだ案山子連

色づき始めた柿の実

s-image009.jpg s-image011.jpg 

柿ノ木下を歩く

彼岸花も咲いていました


コース:しあわせの村→白川・大カヤの木→徳川道→藍那→丹生神社→六條八幡宮→箕谷
参加者:13名

 バス停「しあわせの村中央」に集合後、少し場所を移し、ルーティン通りCLからのコース説明とストレッチののち、先頭はSL、次にビジターが続き出発。
 今日は初コースだが楽しみだ。目的地がはるか北の神鉄箕谷駅なのに、最初は南の白川方面にしばし南しばらくするとカヤの木の大木の前に出る(9:50)。ここは以前、Mさんの例会に参加したことがありよく覚えている。
こんな所にも徳川道があるとは知らなかった。岡山藩一行と居留地外国人とのトラブルによる神戸事件は有名だが、その後の迂回路が徳川道とは、もし馬や駕篭も帯同なら一苦労だっただろう。
 ゆっくり2時間足らずで神鉄藍那駅付近に到着(11:30頃)。ところどころに朽ちかけた標識はあるが、歩いた人達によるマーキングもなく、さて一人で行けといわれると大丈夫かなという感じ。
 本来、徳川道を抜けて藍那古道の東を北に向かう長坂山道を行く計画だったが、前日の降雨を考慮して見合わせた。初めてのところだしまた歩いてみたい。
 次に藍那古道から丹生山に至る丹生山縦走路を経て木々の外へ出る。もう秋の陽射しはそんなに苦にはならないし、まだ若いススキの穂や、小ぶりの赤いヒガンバナが秋の到来を告げている。丹生神社前で三々五々昼食をとる(13:00)。
 今日の行程の半分以上は初コースで楽しみすぎたのか記録もままならない。源氏が北回りで藍那古道(義経道)~徳川道?~ひよどり越~一の谷~須磨海岸へと駆け抜けたという、この辺りは歴史の香りが詰まっていて興味が尽きない。
昼食後、神鉄箕谷駅に向かって東へ移動開始し、途中、八幡神社着(14:00)、賽銭箱に百円也を投げ入れ、手を合わせ「みんなが怪我などないように、その他、むにゃむにゃ」。さらに東へ歩を進め成道寺前着(15:00)、ストレッチ。反省事項、今後の例会告知等を行って解散。
今日のコースは貴重な初コース、アップダウンが少ないが距離は13km以上あり、グレードはニコニコマーク+αというところ、みんなで受継いでいきたい。(M)

9月5日(土)但馬の展望台 東床ノ尾山(839m)~西床ノ尾山(843m)

兵庫50山の一つ、東床ノ尾山は360度の眺望で有名。しかし今回は頂上はガスがかかり眺望はゼロ。足早に西床ノ尾山の向かいました。途中ヤマボウシの実がたわわに実り、何よりのご馳走に一同は歓声を上げました。

s-ohkatsura_04.jpg s-image003.jpg 

天然記念物・糸井の大カズラの前で

登山口


コース:三宮(7:30)→糸井の大カズラ駐車場(10:00)→糸井の大カズラ(10:20)→東床尾山山頂(11:35)昼食12:10出発→西床尾山山頂(13:15)→糸井の大カズラ駐車場( (15:35)

参加者:5名 

 糸井の大カズラを見て、いよいよ黄金伝説・金鉱石を探す一攫千金の登山をスタートする。最初は谷沿いをクルミの木を横に見ながら歩く。谷を過ぎると稜線に向ってかなりきつい登りを歩き、縦走路の分岐に到着、山頂まではあと600m。
 展望のよいはずの山頂に到着したが、周りは白く何も見えず寒い。食事をとりすぐに出発。縦走路分岐まで戻り、西床尾山に向かう。途中クリの木やヤマボウシの実がある木がたくさんあり、Tさんが食べられるというと全員貪るように食べる。いつしか黄金伝説は金鉱石からクリ、クルミ、ヤマボウシに変わっていた。
 1時間ほどで西床尾山山頂に到着、ここでも何も見えないのですぐ出発、矢印に従って進むが、途中で道が違うのに気づき山頂に引き返す。山頂で矢印の標識がもう一つあるのを発見、確かにこの標識は見にくい所にある。
 山頂からすぐ左側に曲がって下る道がある。すぐ急な下り坂が続く道が雨のあとのようになっており、滑りやすい。Tさん以外は慎重に降りる。そこを過ぎると谷に辿り着き、あとは谷沿いに進み、金の精錬所跡を通り道路にでる。ここの谷で水浴び、しばし童心にかえる。
 非常に楽しいコースであり、機会があれば展望がいい時期にもう一度行きたい。(I)

8月22日(土)夏山を楽しもう 打越山

若いCLとコースを熟知したSLのもと、山の会のホームグラウンド、六甲山南麓の打越山、荒地山あたりを和気藹々、ちょっと寄り道したりしてゆっくり巡りました。涼しい風に、少し秋の気配を感じました。

s-IMGP0895.jpgs-IMGP0896.jpg

住吉道、石切道の分岐

住吉台から、一路打越山を目指す

s-IMGP0897.jpgs-IMGP0900.jpg

五助堰堤に咲く紫のクガイソウ(トラノオかも?)

打越峠で一休み

s-IMGP0902.jpgs-IMGP0903.jpg
 

遠く神戸市内を望む

 s-IMGP0907.jpg  s-IMGP0909.jpg

 七兵衛山の石造りのベンチで昼食

 水を湛えた横池が美しい

 s-IMGP0908.jpg  s-IMGP0915.jpg

 横池の黄色いハス

 荒地山山頂案内図

 s-IMGP0920.jpg s-IMGP0925.jpg

 風吹岩から荒地山を望む

 保久良神社目指して帰路に着く

コース:JR住吉駅(9:00) ⇒くるくるバスで住吉台→打越山(10:40)→七兵衛山(11:35)(食事)→横池(12:40)→荒地(13:40)→風吹岩(14:30)→天井川公園(15:40)→阪急岡本駅
参加者:11名

 住吉道、石切道の分岐でコース説明とストレッチ、参加者の体調確認を行い、出発。こまめに水分補給しながら登る。打越山到着も大勢の先客が休憩中のためやり過ごし、七兵衛山で食事をとる。横池でハスの花を観賞しながらコーヒータイム。風吹岩で剣岳を目指すボッカトレーニング中の2人と合流し、無事下山する。

「横池や 風に舞ってる ハスの花」K.T

« | HOME |  »