FC2ブログ

You are not Logged in! Log in to check your messages.

Check todays hot topics

Search for Services:

Please Log in

第81回読書会 平成30年年11月8日(木)黒川博行『喧嘩(すてごろ)』角川書店

平成29年5月、第72回読書会に続き、2度目の疫病神シリーズを読んだ。相変わらず肩の凝らないエンターテインメント作品として好評だった。この作家、時々取り上げたいと思う。
■この作者は、人間関係の繫がりを丁寧に描く作家だ。表面は強そうなことはいっても、心の底では頼りにしている、そういう心の機微を、掛け合い漫才風に描いている。二蝶会の新会長に義理を感じている桑原、ここにも暴力団の人間関係独特のしがらみが活写されている。
■面白く読んだ。この作家の『後妻業』『破門』はともに映画化され、映画も見た。代紋を失くした桑原の一匹狼ぶりがよい。
■タイトル『すてごろ』の意味がよく分からなかったが、最後まで読んで納得できた。お寺の檀家や不正入試など、具沢山で面白かった。また、工事の“捌き屋”は実際にいるのだと知った。
■まさに肩の凝らぬ掛け合い漫才小説で、ヤスシ・キヨシのコンビを彷彿させる。今回の作品は檀家不足で悩むお寺や、医大入試にからむ不正入学事件など、今の世相を反映させて、小道具の多いエンターテインメント小説として仕上がっている。
■とにかく面白かった。二宮と桑原の疫病神コンビが織りなす人間模様が、軽妙な大阪弁で語られる。ボケと突っ込みの掛け合い漫才を聞いているようで、いっきに読み終えた。暴力団・二蝶会を破門になった桑原は寂しそうで、性格が変わったと思う。
■面白かったが、途中で中だるみする。理由は、1.全編を通して会話体でストーリーが展開する軽さ 2.やくざの桑原が委縮している⇒二蝶会を破門され、一匹オオカミになった桑原は、やはり組織の看板を背負ってこその男。次作では組織に復帰させて欲しい 3.シリーズのマンネリ化。新しい切り口が必要。
すてごろ
スポンサーサイト

11/4(日)森守ボランティア あじさい広場の新看板除幕式

あじさい広場の看板をリニューアル、除幕式を行いました。
「あじさい広場」は摩耶山へ上るトゥエンティクロス手前にある展望休憩スポットです。名前の通り創立30年記念植樹のアジサイがあり、春先にはスイセンの花、創立20年記念植樹の桜花なども楽しむことができます。

2010年04月04日(日) クリーンハイク アジサイ記念植樹とお花見
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-60203.html
pb040014.jpgpb040022.jpg
会長による新看板除幕式(2018年11月)森守ボランティアからの挨拶(2018年11月)
ajisai01.jpgajisai02.jpg
創立30年記念アジサイを植樹(2010年4月)創立30年記念アジサイを植樹(2010年4月)
ajisai03.jpgajisai04.jpg
創立30年記念アジサイを植樹(2010年4月)植樹場所で記念撮影(2010年4月)
ajisai05.jpgajisai06.jpg
分水嶺広場、30年記念植樹のアジサイ毎年きれいに咲いています

10/6(土)森守ボランティア10年 神戸市より感謝状を頂きました

この度、神戸市より長年にわたる森守ボランティア活動に対して感謝状を頂きました。

「2008年の5月に加盟し道路の補修、清掃活動、草刈りと精力的に活動してきたのも、皆さんのご協力があったからこそ、10年も続けてこられたと思います。本当にありがとうございました。」と担当リーダーよりのコメントも寄せていただきました。
作業していると行き交うハイカーの皆さんからも「ご苦労様」と声を掛けていただきます。山を愛し、山を守る、そして、山とともに生きる。これからも頑張って活動を続けていきます。
cimg7514.jpg

第80回読書会 平成30年年9月13日(木)レイモンド・チャンドラー『さよなら、愛しい人』村上春樹訳(早川書房)

前回に引き続き、幹事の独断で村上春樹訳、.R.チャンドラーを読んだ。ストーリーをひねる癖があるこの作家は、二回連続とあって少し敬遠されたようだが、小説の質の良さは理解してもらえたようだ。
■村上春樹の『1Q84』を四苦八苦して読んだが、読み比べてみると、共通の文章の流れを感じた。村上が情景描写に拘るのは、チャンドラーの影響なのだと思った。冒頭、大男のへら鹿マロイが、とばく場の前に立つシーンの描写など、実に細かく、こういう描写が随所に出てくる。恋焦がれた女ヴェルマの最後のどんでん返しが良かった。
■悪玉・へら鹿マロイ、というひぐまのように凶暴な大男へのマーローの思いやり、憐憫の情が何とも切なく、たまらなく良い。ひぐま男と昔の恋人ヴェルマを縦糸に、宝石泥棒団と暗黒街のボス、警察署長等を横糸に配して、最後のどんでん返しでヴェルマの正体がばれる件は、あっといわせる。何時読んでもレイモンド・チャンドラーは味のある、泣かせる作家だ。
■途中までしか読めなかった。チャンドラー独特の比喩、表現があって、分かりにくい面はあるが、面白かった。新聞の連載小説を読むように、毎日どこかに起伏を設けて読者を引っ張る。ストーリーは錯綜しているが、高品質の翻訳で、分かりやすい。
■前回の『大いなる眠り』も今回も、分かりにくい展開だが、やっと慣れてきて、面白く読み終えた。主役のフィリップ・マーローは文句なしに良いが、暗黒街のボスや警察署長ジョン・ワックス等の脇役もまた光っている。マーローのぴりっとアイロニーのきいた台詞が、いい味を出している。
さよなら愛しい人

7/25(水)森守ボランティア体験№30 稲妻坂階段~黒岩分岐間草刈りと豪雨被災箇所補修

25日は猛暑の中、稲妻坂階段から黒岩尾根分岐の草刈りを行いました。
また、18日から21日にかけて、「平成30年7月豪雨」で被災した橋などの復旧作業も行いました。

image001_20180906104054f79.jpgimage002_20180906104046ac6.jpg
稲妻坂階段から黒岩尾根分岐の草刈り稲妻坂階段から黒岩尾根分岐の草刈り
image003_201809061040486a6.jpgimage004_201809061040492a8.jpg
被災した河童橋を継ぎ足しハイキング道整備
image005_2018090610405020a.jpgimage006_201809061040512aa.jpg
被災した仮橋仮橋を継ぎ足し


7月14日(土) ~ 16日(月)南岳~北穂高岳~涸沢岳 大キレットから穂高連峰を望もう

◇コース 7/13(金) 尼崎⇒新穂高温泉駐車場(泊)
7/14(土) 新穂高温泉駐車場→滝谷出合→槍平小屋→南岳小屋(泊) 9h
7/15(日) 南岳小屋→大キレット→北穂高岳→涸沢岳→穂高山荘(泊) 6h
7/16(月) 穂高山荘→白出のコル→奥穂高岳登山口→新穂高温泉駐車場 5h
kire01_R.jpg kire02_R.jpg
南沢を越えて槍平小屋に到着
kire03_R.jpgkire04.jpg
南岳小屋はもうすぐ南岳小屋からの夜景
kire05_R.jpgkire06.jpg
いよいよ大キレット東に常念岳、蝶が岳を望む
kire08_R.jpgkire09_R.jpg
北穂高岳3106m北穂高岳3106m
kire10.jpgkire11_R.jpg
前穂北尾根涸沢岳からの下り
kire12_R.jpgkire13_R.jpg
穂高岳山荘からの夜景穂高岳山荘テント場でぐっすり

第79回読書会 平成30年7月12日(木)レイモンド・チャンドラー『大いなる眠り』村上春樹訳(早川書房)

本読書会で初めて取り上げるアメリカの作者は、幹事が最も愛する作家の1人である。5年ほど前にはまり、以来、読み続けてきた。今回、村上春樹の新訳が出るにあたり、課題本に取り上げてもらった。敬遠されるかもしれぬと懸念されたが、好評だった。素晴らしい作品で、次回ももう一冊、チャンドラー・春樹の『さよなら愛しい人』を読みたい。
■『大いなる眠り』(原題”The Big Sleep”)はチャンドラーの長編デビュー作で、格調高い英文とピリッとわさびのきいた会話が魅力。カズオ・イシグロ、村上春樹、東野圭吾、大阪剛等々、日本でも多くの作家がその影響を受けた。これを読むと、村上春樹の文体がチャンドラーのそれと重なり、随所にその共通点が見出されて、相当に影響を受けたと分かる。
■何といっても主人公の私立探偵フィリップ・マーローの人間的魅力で引っ張る作品である。ハンフリー・ボガード主演の映画『三つ数えろ』で一躍有名になり、チャンドラーの名を揺るがぬものにした。ハートボイルドの草分けで、依頼主にも権力にもへつらわぬ反骨探偵の生き様が、読者の留飲を下げてくれる。少し話が複雑で登場人物が多く、表紙裏の人物プロフィールを読みながらでないと混乱するが、読後感のある、胸のすくような作品である。
■これから読むところで、楽しみにしている。以前の読書会で何回か村上春樹を取り上げたが、その折雑文集の中で、彼がチャンドラーに凝っていた、と書いている。『大いなる眠り』は昭和14年に発表された作品で、ハードボイルド小説史上の古典といってもよい。
大いなる眠り

6/27(水)森守ボランティア体験 № 29 倒木処理、森守池清掃、ハイキング道整備、草刈り

当会は長年にわたり「森守ボランテア」としてトゥエンティクロスのハイキング道補修を行っています。この日は、「森守ボランティア体験 № 29」として、倒木の処理、森守池の清掃、ハイキング道の整備と草刈りを行いました。
トゥエンティクロスは、多くのハイカ-が利用するハイキングコ-スです。風致、景観の維持と、ハイカーの皆様に安全で快適に利用していただけるよう、日々、頑張っています。
森守池清掃後の5日後に、池の上に張り出した木の枝に、モリアオガエルが白い泡状の卵塊を産み付けているのが見えました。 モリアオガエルは、森林などに生息している、絶滅危惧に指定されている貴重な生物です。

image001_20180906100816f5c.jpg image003_20180906100811c64.jpg
ハイキング道を塞ぐ倒木倒木の処理
 image002_20180906100808dc4.jpg image006_2018090610081448f.jpg
森守池の清掃モリアオガエルの白い泡状の卵塊
image005_20180906100814996.jpg image004_201809061008110aa.jpg
ハイキング道の整備草刈り

6月12日(火)「神戸中央山の会」プロモーション・ビデオ

「神戸中央山の会」のプロモーション・ビデオを作っていただきました。再生時間1分です。

第78回読書会 平成30年5月10日(木)湊かなえ『贖罪』東京創元社

今年4月、湊かなえ『贖罪』はアメリカのミステリー大賞「エドガー賞」にノミネートされたが受賞を逃した。日本人のノミネートは桐野夏生、東野圭吾につづき3人目だが、何れも獲れなかった。誰が獲るか? そんな期待感でこの作品を読んだ。
■200万部のヒット作品。読みやすく、人間の持つ毒性、心の闇の部分を描き出した面白い作品。
■一人の人間の発した言葉が他人の人生を大きく狂わせる。そんな恐ろしさを覚えながら読んだ。言葉の捉え方は聞く人間によって様々で、4人を犯罪に走らせる。
■15年後、結びで母親が4人に詫びるがが、もう遅い。いったん口に出した言葉は取り返しがつかない。
■難しい小説だ。芥川龍之介の『藪の中』を思わせ、誰の言い分が正しいのか迷う。場面転換が目まぐるしく、言葉が先へ先へと飛んで、結末が見通せない。
■この小説の主題は何なのだろう。作者が何を訴えたいのか、よく理解できない。5人の少女と母親の関係が分かりにくい。3度読んでやっとその輪郭がはっきりした。
■話を創りすぎて、どこか現実離れしている。母親・麻子の罪は重く、弁明の余地はない。『火車』はミステリーとして秀逸だが、この作品は今一ついただけなかった。
■『告白』を読んでファンになった。この作品も同じ流れでストーリーが展開する。人間関係が複雑で、ノートに書きだし、整理して読んだ。やはり母親・麻子の一言が4人を不幸にした。言葉が相手を傷つけ、殺人にまで追い込んだ例である。
■加害者も被害者もみんな悪者で、現代社会の一断面を切り取っている。『告白』も読んだが、内容はほぼ一緒だ。
贖罪
« | HOME |  »